吹田市50代男性:左下奥へのインプラント埋入

  • 2016年11月24日
Facebook にシェア

chiryorei368

吹田市50代男性の症例です。
左下奥歯の手術を行いました。
以前、右下へも当院でインプラントを埋入しています。

上に掲載しているのはパノラマレントゲンです。レントゲンは二次元の平面画像なので立体的な形・大きさ・位置関係などを厳密につかむことは出来ません。
そのため正確な診断にもとづいて進めなければならないインプラント手術において、絶対に欠かせないのがCT撮影です。

CT撮影では3D画像を扱うことが出来るため、骨の厚み、幅、硬さ、位置に加えて歯周病がどの程度進行しているかも知ることが可能です。これらのデータから正確な診断が出来、安全な手術に繋がります。

すべての歯科医院でCTが設置されているわけではありませんが、導入されていない医院でも、患者さんが提携医院で撮影してもらえるような配慮がなされている場合もあります。
CTはインプラントの他、親知らずの難しい抜歯の治療にも用いられています。そして歯科用CTは医療用CTにくらべ、被爆量がはるかに少ないので心配も要りません。

現在では一般のCTを導入している歯科医院が増えています。大きな病院に行かなくてもかかりつけの歯科医院で検査、診断、治療(手術)が行えるメリットは大変大きなものがあります。

大阪(梅田・なんば)・吹田・豊中にある北大阪インプラントセンター

医療法人真摯会 まつもと歯科・クローバー歯科グループのご紹介

大阪梅田 なんば 吹田
梅田クローバー歯科
クリニック

大阪府大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル18F
なんばクローバー歯科
クリニック

大阪府大阪市浪速区湊町1-2-3
マルイト難波ビル3F
まつもと歯科
(吹田本院)

大阪府吹田市山田東2-1-1
豊中 豊中
クローバー歯科
豊中駅前院

大阪府豊中市玉井町1-1-1
エトレ豊中2F
クローバー歯科
豊中本町院

大阪府豊中市本町7-1-39
三宮クローバー歯科
クリニック

神戸市中央区雲井通7-1-1
ミント神戸15F