茨木市50代男性:上下顎のインプラント治療

  • 2016年12月29日
Facebook にシェア

chiryorei394

50代男性の症例です。
上顎に2本、下顎に4本のインプラントを埋入して治療しています。
患者さんと相談のうえ、抜歯の時期を調整したりしながら数本ずつインプラント手術を行っていきました。

治療前は部分入れ歯を使っておられたため、食事の際には食材の硬さや熱さにも気を使っていたので食べるものが偏っていたそうです。インプラント治療後はそれらを気にかけることなく何でも食べられるので嬉しいとおっしゃっておられました。

患者さんはまだ50代で働き盛りということもあり、これからずっと食事に対しての悩みや苦労を抱えて過ごすことを考えると、高い治療費を払ってでもインプラントで噛めるようになることにはメリットがあるとお考えになり、インプラント治療を決意されました。

子供の頃から歯みがきが嫌いだったため、虫歯で何本も歯を失ってしまったけれど、これからは丁寧にケアをしてインプラントを大切にしていきたいとおっしゃって、歯科衛生士からの歯みがき指導を積極的に受けておられました。

健康な歯を維持することはもちろん大切です。しかし歯を失ってしまった場合でも、この患者さんのようにインプラントのケアを毎日しっかり行いながら歯科医院でのメンテナンスも定期的に受けることで、インプラントを長持ちさせ、食事を存分に楽しむことが可能になります。

大阪(梅田・なんば)・吹田・豊中にある北大阪インプラントセンター

医療法人真摯会 まつもと歯科・クローバー歯科グループのご紹介

大阪梅田 なんば 吹田
梅田クローバー歯科
クリニック

大阪府大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル18F
なんばクローバー歯科
クリニック

大阪府大阪市浪速区湊町1-2-3
マルイト難波ビル3F
まつもと歯科
(吹田本院)

大阪府吹田市山田東2-1-1
豊中 豊中
クローバー歯科
豊中駅前院

大阪府豊中市玉井町1-1-1
エトレ豊中2F
クローバー歯科
豊中本町院

大阪府豊中市本町7-1-39
三宮クローバー歯科
クリニック

神戸市中央区雲井通7-1-1
ミント神戸15F