大阪市平野区40代男性:右下奥歯に1本インプラント埋入

  • 2017年02月27日
Facebook にシェア



大阪市平野区40代男性の症例です。
右下奥歯に歯がない状態で数年間治療せずそのままにしておられたのですが、左右の歯でしっかり噛みたいとの思いで相談にみえられました。

硬いものでもしっかり噛めるようになるには、インプラント以外の選択肢はありません。ブリッジや入れ歯ではどうしても噛む力が弱くなってしまいます。
この患者さんは勤務先の同僚の方が奥歯にインプラントをされて快適だという話を聞かれて、自分もやってみようと思ったそうです。身近な方の体験談を聞いてインプラント治療を決められた場合、インプラント治療に対する信頼が既に出来ていますので、あまり不安に思われる事もなく、カウンセリングから治療までとてもスムーズに運びました。

奥歯を失って一番困るのは、やはり噛めないということでしょう。そのために楽しみであるはずの食事が逆に苦痛になったり、食事のたびにストレスを感じたりということになりがちです。
インプラントでしっかり噛めるようになるのですが、いざ手術をするまでは、手術が怖い、痛くないのか、失敗しないのかと心配の種は尽きません。

そんな時に一番役立つのが、身近な方からの体験談です。身近な方ですので疑問に思ったことは何でも聞けますし、その言葉が嘘でないこともわかります。
インプラントは長い歴史の中でどんどん改良され、安全性の高い治療となっています。治療後はまるで永久歯がもう一度生えてきたかのように快適に過ごせるようになります。

大阪(梅田・なんば)・吹田・豊中にある北大阪インプラントセンター