大阪市都島区30代女性:右下の欠損部分に1本埋入

  • 2017年03月29日
Facebook にシェア



大阪市都島区30代女性の症例です。
歯が重なり合っている部分の歯みがきがしにくく、重度のむし歯になって抜歯しなければならなくなりました。かかりつけ医の歯医者さんからは抜歯後の治療についての説明がなかったため、不安になって相談にみえられました。

歯並びが悪いとどうしてもむし歯になりやすい


歯並びが悪い方にはむし歯が多い傾向があります。
歯と歯が重なっていると、しっかり歯みがきしていても歯ブラシが届いていない部分があり、みがき残しが出来てしまいます。歯と歯が数ミリ重なっているとフロスも通りにくく、その結果、歯が重なっている部分に少しずつプラークがたまっていき、むし歯になってしまいます。その部分は一度むし歯治療をしても再発しやすいので注意が必要です。

インプラントで歯並びをを調整できる


この患者さんは抜歯前は歯並びが悪く、隣の歯と重なっていましたが、インプラントの上に被せる義歯を隣の歯と重ならないような大きさに調整することが出来ます。周りの歯に合わせてピッタリしたサイズの歯を入れられるため、インプラントの部分の歯並びが良くなります。

このようにインプラントは審美的にも優れていてとてもキレイな歯が入るので、前歯にインプラントをする場合も全く心配ありません。ただし、歯周病が進んでいたり、抜歯してから何年も経過していて顎の骨が減ってしまっているケースでは、義歯がやや長めになる場合もあります。

インプラントにもメリットとデメリットがある


インプラントは他の歯に悪い影響を与えないため、とても良い治療法なのですが、メリットばかりではなくデメリットもあります。患者さんにはその両方をご説明して、相談しながら治療法を決めていきます。

インプラントのメリット


1.天然の歯と同じ感覚で、硬いものでもしっかりと噛める
2.天然の歯と見分けがつかないくらい自然できれいな歯が入る
3.両隣の歯を削ったり、バネで固定したりしないため、他の歯に悪い影響を与えない
4.異物感が全くなく、天然の歯と同じ感覚で歯みがき出来る

インプラントのデメリット


1.外科的な手術が必要になります
2.保険がきかないために治療費が高額になります
3.治療期間が長くかかります。増骨の処置をすると更に長くなります


抜歯後の治療をどうするか決める際には、これらのメリット、デメリットについて良く考えて総合的に判断することが大切です。

大阪(梅田・なんば)・吹田・豊中にある北大阪インプラントセンター

医療法人真摯会 まつもと歯科・クローバー歯科グループのご紹介

大阪梅田 なんば 吹田
梅田クローバー歯科
クリニック

大阪府大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル18F
なんばクローバー歯科
クリニック

大阪府大阪市浪速区湊町1-2-3
マルイト難波ビル3F
まつもと歯科
(吹田本院)

大阪府吹田市山田東2-1-1
豊中 豊中
クローバー歯科
豊中駅前院

大阪府豊中市玉井町1-1-1
エトレ豊中2F
クローバー歯科
豊中本町院

大阪府豊中市本町7-1-39
三宮クローバー歯科
クリニック

神戸市中央区雲井通7-1-1
ミント神戸15F