大阪府茨木市50代男性:右下奥歯を抜歯してインプラント2本埋入

  • 2017年04月24日
Facebook にシェア



大阪府茨木市50代男性の症例です。
右下奥歯を被せ物にしていましたが、歯がぐらぐらし出したためかかりつけの歯科を受診したところ歯根が割れてしまっており、やむなく抜歯となりました。

一番奥の歯を抜歯しておりますので、この場合はブリッジは出来ません。そのため抜歯後の治療は入れ歯かインプラントかの二択になります。大臼歯の場合は入れ歯で噛む力がかなり弱くなるため、しっかり噛めるようになる事を第一目標として、インプラントを選択されました。

ブリッジ、入れ歯、インプラントの噛む力の比較


一般的に、ブリッジでは健康な歯の80%程度しか噛む力が出ないとされています。部分入れ歯の場合は35%、総入れ歯の場合は健康な歯と比べて11%しか噛む力が出ません。

入れ歯の場合の噛む力がとても弱いので驚かれたのではないでしょうか。入れ歯で噛む力があまり出ないのは、ものを噛むときに主に歯ぐきが噛む力を支えることになるせいです。骨で支えるようにしないと、強く噛む力は出ないということです。

これらに比べるとインプラントは健康な歯と比べて遜色なく噛むことができます。
もちろん良く噛めるに越したことはないのですが、だからといって何が何でもインプラントをおすすめするわけではなく、患者さんの失った歯の場所や本数、他の歯の状態、骨の状態、全身の健康状態等を考慮して治療方法を選んでいくことになります。

抜歯すると歯根膜がなくなってしまう


食事中はずっと同じ力で噛んでいるわけではなく、食べ物の硬さや大きさによって無意識のうちに力を加える程度を調節していると思います。それでも「一口30回は噛みましょう」とよく言われるように、食べ物をしっかりとすりつぶして細かくして食べていれば、一回の食事で何百回も噛むことになりますので、歯にはかなりの負荷がかかっています。

健康な歯は食事のたびに何百回も噛むことに耐えうる構造になっていますが、入れ歯やブリッジですとそうはいきません。それは抜歯したことで、歯根膜がなくなってしまうからです。

歯根膜とは歯槽骨と歯根の間にある薄い膜のことをいいます。歯と骨をつないでいるだけでなく、食べ物の硬さを判断して噛む力を調整する役割があります。物を噛むたびに歯は強い力を受けますが、この歯根膜がクッションのようになって歯と骨を守ります。

一方、インプラントは歯根膜はありませんが、治療後のメンテナンスをしっかり行うことで健康な歯とほぼ同じ噛み心地を得ることができます。

大阪(梅田・なんば)・吹田・豊中にある北大阪インプラントセンター

医療法人真摯会 まつもと歯科・クローバー歯科グループのご紹介

大阪梅田 なんば 吹田
梅田クローバー歯科
クリニック

大阪府大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル18F
なんばクローバー歯科
クリニック

大阪府大阪市浪速区湊町1-2-3
マルイト難波ビル3F
まつもと歯科
(吹田本院)

大阪府吹田市山田東2-1-1
豊中 豊中
クローバー歯科
豊中駅前院

大阪府豊中市玉井町1-1-1
エトレ豊中2F
クローバー歯科
豊中本町院

大阪府豊中市本町7-1-39
三宮クローバー歯科
クリニック

神戸市中央区雲井通7-1-1
ミント神戸15F