大阪府箕面市50代女性:右下奥歯にインプラント1本を初めて埋入されました

  • 2017年07月31日
Facebook にシェア



大阪府箕面市50代女性の症例です。
右下奥歯にインプラントを1本初めて埋入されました。

インプラントは怖い?怖くない?


インプラント治療が初めての方は、どうしても痛いとか怖いとかいうイメージをもたれるようです。実際には麻酔をしますので、手術中は全く痛みを感じることはありませんし、麻酔の注射も痛みが内容に配慮しています。

手術中に緊張される方は、安定剤を服用していただいたり、笑気麻酔の吸入や、点滴による静脈内鎮静法といった麻酔を利用して、患者さんがうたた寝をしている間に手術を終えたりも出来ます。

帰宅されてからの痛みに関しては、鎮痛剤を処方いたしますので、痛みを感じた時に服用してください。インプラントを1本埋入する時の身体的な負担は、歯を1本抜歯をしたとき位の負担となります。

1~2日安静に過ごしていただくことで、傷の治りが早くなります。安静にといっても寝ている必要はなく、身体に大きな負担をかけるようなものでなければ会社や学校も大丈夫だと思います。

昔はブリッジか入れ歯、今はインプラント


50代~60代の方に、インプラント治療体験者が増えてきています。会社の方や、親戚の方もインプラントでの治療を受けておられるかもしれません。一昔前は歯を失うと、本数が少ない場合はブリッジにするのが普通でした。そして本数が多くなってくると入れ歯になりました。現代ではインプラントという優れた治療法があるから大丈夫です。

インプラント治療は、まずインプラントを知っていただくことから始まります。当院ではわかりやすい図や写真を使ってご説明いたします。

更にCT撮影を受けていただき、データを3Dのソフトで解析して骨の厚さや幅、神経や血管が通っている位置等を調べ、インプラント可能かどうかを診断します。

骨が足りないケースでは、骨造成の処置を行いますので、多くの場合で手術が可能です。他の医院でインプラントを断られた方が、当院で無事にインプラント治療を受けられる例も多くあります。

それでもインプラントに適さない方がおられます


まず、ヘビースモーカーの方は、インプラントが骨と結合しにくい場合が多いため、なるべく治療期間中は禁煙をお願いしています。
他には、全身疾患のある方です。心臓病や高血圧、糖尿病、骨粗鬆症等がこれにあたります。但し検査結果の数値が医師のもとである程度コントロールされている状態の方は、インプラント可能な場合もあります。

もしかしたらこれらに該当するかも、と思われるときは、主治医にお尋ねくださいね。

大阪(梅田・なんば)・吹田・豊中にある北大阪インプラントセンター

医療法人真摯会 まつもと歯科・クローバー歯科グループのご紹介

大阪梅田 なんば 吹田
梅田クローバー歯科
クリニック

大阪府大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル18F
なんばクローバー歯科
クリニック

大阪府大阪市浪速区湊町1-2-3
マルイト難波ビル3F
まつもと歯科
(吹田本院)

大阪府吹田市山田東2-1-1
豊中 豊中
クローバー歯科
豊中駅前院

大阪府豊中市玉井町1-1-1
エトレ豊中2F
クローバー歯科
豊中本町院

大阪府豊中市本町7-1-39
三宮クローバー歯科
クリニック

神戸市中央区雲井通7-1-1
ミント神戸15F