大阪府吹田市60代男性:右下奥歯にインプラント1本埋入

  • 2017年08月30日
Facebook にシェア



大阪府吹田市60代男性の症例です。
右下の奥歯が虫歯になり、かなり深くなっていたために歯を残すことが出来ませんでした。
抜歯後の治療についてじっくりと話し合いました。

インプラントのデメリット


インプラントは、他の歯を削ったりバネをかけたりすることなく、天然の歯と見分けがつかない位の審美性と機能を回復出来るため、人気のある治療法です。
しかし実際にはどんな治療法にもメリットとデメリットがあります。

ここでは、インプラントのデメリットを見ていきましょう。
代表的なものは以下の5点です。

・手術が必要
・治療期間が長い
・費用が高い
・治療後もずっとメンテナンスが必要
・失敗する例もある

ブリッジや入れ歯と違って、インプラントは外科手術が必要になります。そのため心臓病や糖尿病、高血圧等の全身的な疾患のある方は、数値が医師によってコントロール出来ている方以外は手術を受けることが出来ません。

また、インプラントは骨と結合することでしっかりと噛める人工の歯となります。手術してからインプラントが骨と結合するまでは数か月かかるため、治療期間はどうしても長くなります。

そしてインプラントは保険適用にはなりませんので、治療費がかなり高額になります。メンテナンスにかかる費用も保険適用外です。

入れ歯やブリッジとは異なり、インプラントは保険が適用になりませんから、治療にかかる料金が高くなってしまいます。
また、メンテナンス費用も同様に、保険適用外となります。

インプラント治療が完了し、きれいな義歯が入ったとしても、そこで気を抜くわけにはいきません。インプラントは治療後のメンテナンスがとても重要です。
中高年になると歯周病にかかる方が多いですが、インプラントも天然の歯の歯周病とよく似たインプラント周囲炎という病気になります。歯周病よりも進行が早いため、放っておくとインプラントがグラグラし始めて最終的には骨から抜けてしまうことになりかねません。
そこで患者さんには3カ月に1回程度、メンテナンスにお越し頂いています。ご自宅でのセルフケアも今まで以上に気をつけてしっかり行わなければなりません。

インプラント手術が失敗したらどうしよう、と不安に思われる方も多いと思います。
手術の失敗を防ぐためにはCT撮影は必須で、出来るだけ熟練した歯科医師の手術を受けることも大切です。
当院では多くの手術をこなしている歯科医師が担当いたしますのでご安心くださいね。

大阪(梅田・なんば)・吹田・豊中にある北大阪インプラントセンター

医療法人真摯会 まつもと歯科・クローバー歯科グループのご紹介

大阪梅田 なんば 吹田
梅田クローバー歯科
クリニック

大阪府大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル18F
なんばクローバー歯科
クリニック

大阪府大阪市浪速区湊町1-2-3
マルイト難波ビル3F
まつもと歯科
(吹田本院)

大阪府吹田市山田東2-1-1
豊中 豊中
クローバー歯科
豊中駅前院

大阪府豊中市玉井町1-1-1
エトレ豊中2F
クローバー歯科
豊中本町院

大阪府豊中市本町7-1-39
三宮クローバー歯科
クリニック

神戸市中央区雲井通7-1-1
ミント神戸15F