大阪市住之江区40代女性:左下奥歯にインプラントを1本埋入

  • 2017年10月17日
Facebook にシェア



大阪市住之江区の40代女性の症例です。
左下奥歯はブリッジにされていましたが、食べ物が挟まりやすい、硬いものを噛みたいときに力が入らないというお悩みがあり、来院されました。

奥歯をブリッジにした場合、力の入り具合は天然の歯の50~60%くらいに減ってしまいます。硬いものをガリガリ噛むのがお好きな方には、物足りなく感じるかもしれませんね。

天然の歯とブリッジ、入れ歯、インプラントで噛む力はどの位違うのか


天然の歯で噛む時の力は、成人男性の奥歯で約60kgといわれています。女性はやや弱く、約40kgです。男女ともに、歯をかみしめた時にはこの位の力が出ています。なかなか強い力だと思われませんか?
健康な歯であれば、硬い豆でもバリバリ噛み砕くことが出来ます。

入れ歯の場合は、部分入れ歯で天然の歯の30~40%くらいの力が出ます。これが総入れ歯になると、10~20%に減ってしまいます。
思った以上に噛む力が出にくいということになります。

ブリッジの場合は前述しましたが、天然の歯の50~60%程度の力で噛めます。天然の歯と比べるとかなり弱い感じがしますが、入れ歯よりははるかに噛めます。

最後にインプラントですが、天然の歯とほぼ同じくらいの強さで噛めますので、とにかく強い力で噛みたいというご希望をかなえるには、インプラントが最適です。

インプラントが良く噛めるのは構造上の性質によります


食事のときには最低30回は噛みましょうとか良く言われます。ものを食べる際には必ずしも力いっぱい噛んでいるわけではありませんが、それでも一回の食事で何百回も噛みますので、歯にかかる負荷は相当なものになります。

天然の歯は噛む時の負荷を何十年も支える構造になっています。入れ歯は歯ぐきの上に乗っているだけですので、これほどの力は出ません。ブリッジもまた、2本の歯で3本分の仕事をするため、真ん中の歯がない部分ではあまり力が出ないような構造になっています。

天然の歯に近い力を出せるのがインプラントです。クッションとなる歯根膜はないものの、インプラントは骨に埋め込みますので、噛む力を顎骨が支える形になり、天然の歯に近い力が出せます。


歯は、食べ物を細かく砕くための機能だけでなく、発音にも影響を与えますし、身体全体のバランスにも関係します。噛むことが脳に刺激を与えることも、様々な研究でわかってきました。

歯の機能としてはもちろんしっかり噛んで食べられるということが重要ですが、それ以外の機能も身体全体という視点では無視できないくらい大きなものです。歯を大切にし、長く使えるように心がけましょう。

大阪(梅田・なんば)・吹田・豊中にある北大阪インプラントセンター

医療法人真摯会 まつもと歯科・クローバー歯科グループのご紹介

大阪梅田 なんば 吹田
梅田クローバー歯科
クリニック

大阪府大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル18F
なんばクローバー歯科
クリニック

大阪府大阪市浪速区湊町1-2-3
マルイト難波ビル3F
まつもと歯科
(吹田本院)

大阪府吹田市山田東2-1-1
豊中 豊中
クローバー歯科
豊中駅前院

大阪府豊中市玉井町1-1-1
エトレ豊中2F
クローバー歯科
豊中本町院

大阪府豊中市本町7-1-39
三宮クローバー歯科
クリニック

神戸市中央区雲井通7-1-1
ミント神戸15F