大阪市福島区40代男性:右上奥歯にインプラント1本埋入



吹田市40代男性の症例です。
むし歯がひどくなり歯が欠けてしまったために来院されました。

かなり深い部分までむし歯に冒されており、残念ながら抜歯が必要になりました。
この患者さんの場合、抜歯後の治療はブリッジ、入れ歯、インプラントの3種類が可能ですが、1本手前の歯が神経を抜いた歯であるため、ブリッジや入れ歯でその歯に負担をかけると、数年後には手前の歯も痛めてしまい、最悪の場合抜歯になる可能性が否めません。

抜歯後の治療では他の歯に負担をかけないインプラントがおすすめ

今回のようなケースでは他の歯に負担をかけないインプラントが最適であることをお話すると、患者さんも納得され、インプラントでの治療を希望されました。
インプラント治療の場合、独立した1本の歯として機能しますので、隣の歯を削ったり隣の歯にバネをひっかけたりする必要がありません。そのため欠損部にのみ歯を入れることが出来、これはインプラントの持つ大きなメリットといえます。

ブリッジにしても入れ歯にしても、構造上、隣の歯に支えてもらう必要があります。
インプラントは骨に直接埋め込まれますので、隣の歯を痛めることがありません。

どの治療法が最適化はケースバイケースで、一概にインプラントが良いとは言えません。
最近ではあまり歯を削らなくて済むブリッジが開発され、保険がきかない自費治療ではありますが、抜歯した際の治療として少しずつ浸透してきています。
保険のきくブリッジの場合は、かなり歯を削ることになります。

ただしブリッジをお勧め出来るのは、隣の歯が健康な場合のみです。
この患者さんのように、隣の歯の神経がない場合は、隣の歯を痛める可能性が高くなりますので、インプラントが最適という判断になります。

インプラントは危険?痛い?

インプラントは危険だとか、痛いのではないかとか、心配される患者さんもおられますが、インプラントの技術はどんどん進歩していますので、CT撮影をして血管や神経の正確な位置を把握し、安全な位置にインプラントを埋入すれば、危険はありません。
そして歯科治療全体が患者さんになるべく痛みを感じさせないようにという方向に進んでいますので、ご心配には及びません。

この患者さんの場合は、1本だけのインプラント埋入ですので、身体の負担もそう大きなものではありません。インプラントを1本埋入する手術は手術前後の処置を含めても1時間程度で終わりますし、入院の必要もありません。

最初は手術を怖がっておられた患者さんも、実際に手術を受けた後では、「手術は思っていたより早く終わった」「怖がる必要は全くなかった」とおっしゃる方が殆どです。
「え、もう終わったんですか?」と拍子抜けされる方もおられる程ですので、怖がる必要は全くありません。

関連ページ
当院の手術が安全な理由


怖がりの方、歯科恐怖症の方のインプラント手術には静脈内鎮静法





しかし、どうしても怖いという気持ちが強い方や、もともと歯科恐怖症の方の場合は、静脈内鎮静法という点滴麻酔を使います。

静脈内鎮静法は全身麻酔とは違ってリラックス効果が高い麻酔薬です。薬の量をコントロールすることによって、軽いうたた寝状態でインプラント手術を受けられます。
ほろ酔いのようなリラックスした状態になりますので緊張が取れ、不安や恐怖を感じることがなく、いつの間にか手術が終わっていたという感じになります。

ただ、実際には静脈内鎮静法を用いなくても大丈夫な方が殆どですので、ご安心ください。笑気麻酔という吸入するタイプの麻酔もございます。局所麻酔だけでは怖いと思われる方は、カウンセリングの際にご相談くださいね。

関連ページ
点滴麻酔による無痛治療
Q&A 手術と聞いただけで、ドキドキして怖いのですが・・・

インプラントの上部構造(かぶせ物)の種類について

インプラントの上部構造には、オールセラミック冠、セラミック冠、ゴールド冠、ハイブリッド冠、金パラジウム冠等の種類があります。多くの種類があるため、患者さんも選択に迷ってしまうのではないかと思います。

歯冠タイプの上部構造は金属系材料、セラミックス系材料、レジン系材料に分かれ、それぞれに特徴があり値段も違いますので、患者さんのご要望を伺ったうえでどの種類を選ぶかを決めていきます。




オールセラミックのかぶせ物について

前歯の審美性を考えるとオールセラミックがおすすめです。
オールセラミックは金属を使用していないため金属アレルギーの心配がなく、審美性に優れていることもあり、被せ物の第一選択肢となっています。
歯の面に汚れが付着しにくいという特徴があり、金属製やハイブリッドセラミックより優れています。

ハイブリッドセラミックのかぶせ物について

ハイブリッドセラミックはセラミックにレジンという物を配合して作っています。レジンとはプラスチックのような素材だと考えてください。このレジンを配合することで、天然の歯とほぼ同じ程度の硬さに出来ます。

ハイブリッドセラミックはオールセラミックと比べると審美性が劣ることが欠点です。レジンは吸水性があるため、数年後には必ず変色し、汚れが付着しやすいという欠点もありますので、現在では使用頻度は少なくなっています。

金属のかぶせ物について

金属のかぶせ物は、セラミックと違って欠けたりすることはないため、長期的に安定した噛み合わせを保つことが出来ます。しかし金属ですので見た目が目立つという欠点があります。金属アレルギーの問題もあり、金属を避ける患者さんが多い傾向があります。

関連ページ
インプラントとは
Q&A かぶせ物(上部構造)が壊れることはありますか?



患者さんの安全のためのインプラント

北大阪インプラントセンターでは安全なインプラント手術をするために、様々な取り組みを行っています。

手術が上手か
痛くない手術ができるか
実績・経験があるか
費用が妥当か

等を常に確認し徹底させることで、患者さんの手術を安全に行います。
既に当院でインプラント手術を受けた患者さんのご紹介の患者さんが多いのも、当院の特徴です。安全な手術の積み重ねが、ご家族やお知り合いの方のご紹介につながっていると思い、更に安全への取り組みを徹底させてまいります。

関連ページ
インプラントに対する強い思い
北大阪インプラントセンターの特徴

  • 2018年01月16日

大阪府藤井寺市60代女性:左上奥歯にインプラント3本埋入



 大阪府藤井寺市60代女性の症例です。
左上奥歯をなくされてから入れ歯を使っておられましたが、どうしても使い心地が悪いということで相談にいらっしゃいました。

 拝見したところ、入れ歯が動きやすく安定していません。食事のときに外れてしまったり、噛みにくかったり、日常生活の中で様々な不自由を感じておられました。

 更にお話を伺うと、固定式の義歯で治療をしたいとのご希望があり、インプラントを検討することになりました。
しかしインプラントに対しては、痛そう、怖いという印象をお持ちのようでした。

インプラント治療には痛い、危険というイメージがある?


 入れ歯が合わなくて困っている方にとっては、異物感のないインプラントはお勧めの治療法です。ご自身の歯と同じような感覚ですので、歯みがきもしやすく、インプラントだからといって特別なケアは必要ありません。

 ただし、歯周病は天然歯だけでなくインプラントにとっても大敵ですので、長もちさせるためには毎日のケアをよりていねいに行うようにしなければなりません。

 さて、インプラント治療ではあごの骨にチタン製の人工歯根を埋め込みます。そのため簡単な手術が必要で、痛いんじゃないか?危険はないのか?と心配される方もおられます。

 実際にインプラント治療を受ける患者さんは増えているのですが、骨に穴をあけなければならないということで、数年前にはメディアでインプラントの危険性が強調され、インプラント治療は危ないという認識を持たれた方も多くおられると思います。

 そのため、治療法の一つとしてインプラントをお勧めした場合に、怖い、痛そう、とおっしゃる患者さんもおられ、当院では患者さんの不安や疑問を解決するために、必ず十分なご説明をしております。

 インプラントは決して新しい治療法ではなく、現在では多くの臨床結果が蓄積され、治療としては成熟したものになっています。日本全国で年間約30万件ほどの手術が行われているとも聞きます。

 当院ではインプラントのことをより詳しく知っていただくために、ホームページやこうしたコラム等でご説明しています。

インプラントが怖い方には静脈内鎮静法で眠っている間に手術が出来ます


 とても怖がりの方や、歯科恐怖症の方にお勧めなのが、点滴で麻酔をする静脈内鎮静法です。全身麻酔ほどの大げさな麻酔ではなく、患者さんが軽くうたた寝をしている間に手術を終えることが出来ます。

 静脈内鎮静法を使うと、患者さんはとても楽に手術が受けられます。もちろん入院の必要はなく、手術が終わって少し休んでいただくだけでお帰りになれます。そのためインプラントの埋入本数が多い場合にもお勧めしています。

 インプラントがどうしても怖いと感じておられる方は、一度ご相談下さい。当院では無料で相談できる相談専用ダイヤルがあり、専任のカウンセラーがお悩みやご質問にお答えします。どうぞお気軽にお電話下さいね。

  • 2017年10月04日

吹田市40代女性:左上奥歯のインプラント手術

chiryorei374


大阪府吹田市40代女性の症例です。

左上の奥歯を歯周病の悪化により失われました。
年齢もお若く、隣在歯も健全でしたので負担の少ないインプラントを選択されました。

この患者さんは手術後、傷の治りが早かったのですが、手術前は当日の注意点やしてはいけない事等についてとても気にしておられました。当院ではインプラントの手術を受けていただくにあたって、患者さんに注意点をお話しするだけでなく、注意事項をまとめた説明書きをお渡ししております。

それを一つ一つしっかりと守っていただくことで、手術後の数日間を良い状態でお過ごしいただけたのではないかと思います。

以下にインプラント手術後の注意点をまとめてみましたので、これから手術を受ける方はどうぞ参考になさってくださいね。

◆手術当日の過ごし方◆

手術を受けた後、帰宅されたら安静にしてお過ごしください。
手術当日は、精神的にも肉体的にもお疲れだと思います。
リラックスしてソファに座ったり、横になられたりして身体を休めてください。

傷口を出来る限り安静に保つために、ご家族との会話はかなり少なめでお願いいたします。
ご家族の方は手術がどうだったかご心配されると思いますので、この点は事前に話して置いていただければと思います。

当日のお食事はやわらかい物をご用意していただき、なるべく噛まなくても良い状態でお取りください。酸味のあるもの、辛いものはなるべく避けていただいた方が良いです。

医院から化膿止めの内服薬をお出ししておりますので、規定の回数と量を正しく服用してください。痛み止めもお渡ししておりますが、痛くない場合は飲まなくても大丈夫です。

手術当日はお風呂には入らないでください。

手術当日の飲酒も禁止とさせていただきます。

傷口を舌で触らないように気を付けてください。

痛みや腫れがある場合に頬っぺたを冷やすと少し楽になりますが、冷やしすぎないようにご注意ください。

手術当日は歯みがきはせず、うがいを行ってください。

これらの注意点を必ず守っていただき、何か気になることがある場合は、早めに医院までお電話ください。

インプラントは、他の歯を守る治療です。
80歳になるまで、自分の歯を1本でも多く残してほしいと思います。

続きを読む

  • 2014年02月28日