大阪市30代女性:右下の奥歯にインプラント治療

chiryorei230

大阪市30代女性の症例です。
虫歯の進行により歯を失われ、ブリッジにするかインプラントにするかで
悩んでいらっしゃいました。

ブリッジにもインプラントにも、メリットとデメリットがあります。
患者さんによっては、歯科医師の診断によってブリッジをお勧めする場合と、
インプラントをお勧めする場合もあります。

その両方を考え合わせたうえで、最終的には治療法を患者さん自身が決定されるのですが、
迷ってなかなか決められない方も多くおられます。
なかなか決められない患者さんのお気持ちもわかるのですが、
それでも早めに決定され、治療に入られることをお勧めしています。

それは、失った歯を治療せずにそのまま何年かたってしまうと、
様々な問題が起こってくるからです。

まず、歯が抜けてから数週間から数か月が経過すると、
患者さん自身が歯のない状態に慣れてしまい、1本だけなら大丈夫、と
思ってしまうことがあります。
確かに他に悪い歯がなければ、反対側の歯で噛むことも出来ますし、
他人から見えない奥歯なら人目が気になることもありません。
痛みがなければなおさら、しばらくここままでいいか、と思ってしまいがちです。

しかし歯がないと、上下の歯がかみ合わず、対抗する歯がないために、
片方が長く伸びてくるということが起こります。

さらに、歯がないスペースに左右の歯が倒れこんでくるということも起こります。
あとで歯を入れようにも、左右の歯が斜めになってしまっていては、
それらの歯をまずまっすぐに起こすという治療をしなければなりません。

このように、歯がない部分を何年も放っておくと大変なことになりますので、
歯が抜けた場合は、早めに治療を受けてくださいね。


東大阪市60代男性:骨を増やしてインプラント

chiryorei229

東大阪市60代男性の症例です。
かかりつけの先生からは、骨が少なくインプラントは難しいと診断されました。
インターネットで検索され、当センターへ相談にいらっしゃいました。

上顎に骨を作る処置には、ソケットリフトとサイナスリフトという方法があります。
ソケットリフトとサイナスリフトは共に上顎洞を上に持ち上げ骨を作りながら、
インプラントを埋め込んでいきます。
ソケットリフトの方が体への負担が少ないため、可能な限りこちらの方法で行います。 (さらに…)

吹田市40代女性:左下奥歯にインプラント

chiryorei228

吹田市40代女性の症例です。
歯周病の進行で歯を失われ、インプラントにするか入れ歯にするか悩んでおられました。

入れ歯は取り外しが出来る分、安心感はあるが違和感があるという口コミを
よく見るので、つけ心地が心配。
インプラントは手術が必要なので術後の腫れや痛みが心配、とのことでした。

インプラント手術後の腫れは、手術の際の外科的な刺激による反応性の炎症です。
腫れは長くても1週間程度でひきますし、中には殆ど腫れない方もおられます。
インプラントの埋入箇所と本数によっても腫れ具合が違います。
また個人差が大きいということもあります。

痛みに関しては手術の麻酔が切れたあとは、痛みどめを服用していただきます。
こちらも特にひどい痛みを感じなかったので飲まずに済んだ方もおられ、個人差があります。 (さらに…)

八尾市60代女性:下顎の奥歯にインプラント治療

chiryorei227

八尾市60代女性の症例です。
歯周病の進行により、多数の歯を失われました。

歯周病でもインプラントは出来るのかと心配されていました。
歯周病の方でもインプラントはできますが、
ある程度歯周病を治してからインプラントをする方がいいです。
歯周病をある程度コントロールしておかないと
インプラント治療後に埋入した部分が歯周病になってしまうかもしれないからです。

歯周病の治療と並行してインプラントを行うこともよくあります。
その場合はインプラントが骨とくっつくのを待っている間に歯周病の治療をしていきます。 (さらに…)

豊中市40代女性:奥歯にインプラント治療

chiryorei226

豊中市40代女性の症例です。
歯周病で歯を失われ、ブリッジかインプラントの2択を迫られていました。
入れ歯は年齢的に嫌ということでインプラントを希望されました。
(さらに…)