枚方市60代女性:左下奥歯の欠損部位にインプラント治療

chiryorei263

枚方市60代女性の症例です。
歯周病で奥歯を失われ、入れ歯を作られましたが、噛めない、合わない、痛いとお困りでした。

保険適応の入れ歯の場合は両隣の歯にバネをひっかけて固定するか、または隣の歯にバネをひっかけられない場合は入れ歯を固定するための金属の床がついたタイプの入れ歯になります。
バネで固定する場合は異物感が強く、金属床は厚みがあるため口の中が狭くなったように感じる方が多いです。

金属床の場合は更に食べ物の温度が分かりにくいとおっしゃる方が多く、食事の温かさ、冷たさを感じにくいために食感に満足出来ません。これは大変厄介な問題です。噛めるとか噛めない以前に、食事がおいしくない、楽しくないという心理的な問題であるからです。

入れ歯を入れた時に話しにくいと感じる方も多く、それに慣れていくというのはストレスのたまるものだと思います。
以上のような理由から、入れ歯を諦めてインプラントを希望される患者さんも多くおられます。

インプラントは優れた治療法なのですが費用が高いため、抜歯したときに「まずは安価な保険適用の入れ歯を作ってみて、様子をみます」とおっしゃる方もおられます。
出来れば安価な入れ歯で快適に過ごしたいというご希望なのですが、口の中に取り外し式の異物を入れるわけですから、想像していたよりも違和感が強くて辛いと感じられる方もおられ、次第に使わなくなってそのまま何年も経過してしまうケースもあります。

入れ歯が合わないと感じた方は、自由診療の入れ歯を試してみられるか、インプラントにされるかという選択肢があります。入れ歯でお悩みの方はまず歯科医院にご相談ください。快適に過ごせるようになるためのあらゆる治療法をご紹介いたします。


大阪市30代女性:前歯部のインプラント

chiryorei262

大阪市30代女性の症例です。
差し歯だった前歯の根っこにヒビが入ってしまい、抜歯が必要となりました。

抜歯が必要になった場合、当院ではブリッジ、入れ歯、インプラントの3つの治療法を患者さんにご提示します。
その際には一つ一つの特徴やメリット、デメリットを細かにご説明し、じっくり話し合って決める事になります。

この方は最終的にインプラント治療を選ばれました。
インプラントを選ぶに至った理由は、前歯を失った方には大変参考になると思います。

30代でまだお若い女性であることから、バネが見えてしまう部分入れ歯は真っ先に却下されました。

次に手軽に受けられる治療はブリッジです。
奥歯であれば銀合金で保険治療も可能で、2~3回の通院で治療は終わりますので良く行われている治療ではあります。

この患者さんの場合は前歯なので、審美性を考えてセラミックでの治療になります。
ブリッジは両隣の歯をけずって全体をかぶせる形になりますので、健康な歯を2本削る必要があり、ブリッジ全体をセラミックで作らなければならないためにかなり治療費が高額になります。

残る治療はインプラントです。一件高価な治療のように思われますが、前歯にセラミックのブリッジをした場合と、前歯に1本インプラントをした場合の治療費は殆ど同じ程度の値段になります。
インプラントの場合は、両隣の歯を削ったりはせず、欠損した歯の部分の顎骨に直接埋め込みます。

このような点をご説明したところ、患者さんは迷わずにインプラントにお決めになられました。
失った歯の場所や本数によって、様々なケースが考えられます。
当院では、考えられる治療法の中から患者さんと話し合いながら実際の治療を決めていきます。
カウンセラーもおりますので、大切な歯の治療に関する疑問点は全てご質問くださいね。

京田辺市50代男性:インプラントでの全体的な治療

chiryorei261

京田辺市50代男性の症例です。
オールオン4をインターネットで知られ、当センターに来院されました。

オールオンフォーとは、総入れ歯の方向けのインプラントです。
上顎または下顎の全ての歯をたった4本のインプラントで支えるのが特徴で、ケースによってはでは5~6本のインプラントを埋入する時もあります。

オールオンフォーという技術が開発されるまでは、失った歯の本数分だけのインプラントを埋入する必要があり、失った歯が多い方の場合はインプラント治療の身体的、経済的な負担は大変大きいものでした。

片顎に10本ものインプラントを埋入することを想像すると、それがいかに大変なことか、想像出来ると思います。

しかしオールオン4では、ブリッジのような形態の義歯を4~6本のインプラントで固定します。
インプラント埋入本数を減らすことで、患者さんの身体的、経済的な負担を軽くすることができるようになりました。

患者さんがインプラントの相談に来られるとまずCTとレントゲンを撮影してインプラント専門医が診断を行います。
この方は骨の状態が良好でなかったために4本で支えるのが難しく5本のインプラントを埋入する治療計画をたてました。
最近では6本埋入するケースも多く、オールオン6という名称もあります。

オールオン4は入れ歯のように隙間に物が詰まったり動いて噛みにくかったりすることはありません。
総入れ歯の方にお勧めの治療法です。

京都市40代男性:右上の奥歯にインプラント治療

chiryorei260

京都市40代男性の症例です。
患者さんの紹介で、インプラントの相談に来院されました。

ご紹介患者さんが多いということは、頼りになる主治医と認識して頂いているということなので
当院のドクター・スタッフにとって大変うれしいことです。
これからもご紹介の輪が広がっていくように誠心誠意治療してまいります。

さて、この患者さんですが、日頃から血圧が高く、血糖値が高いという成人病の症状があり
インプラントが出来るかどうか大変心配しておられました。

持病がある方の中にはインプラント手術ができない方がおられます。
この患者さんの場合はお話を伺って大丈夫と判断しましたので、
インプラント手術を行うことができました。 (さらに…)

八幡市50代女性:左右奥歯のインプラント治療

chiryorei259

八幡市50代女性の症例です。
患者さんからの紹介で、インプラントの相談にいらっしゃいました。
軽度の糖尿病があり、治療を受けて薬も飲んでいるため
自分はインプラントが出来るのかどうかを心配されていました。

全身疾患がある方などはインプラント手術ができません。
例をあげると心臓病、重度の糖尿病、重度の骨粗しょう症、リウマチ、脳梗塞の既往がある方、
アゴの骨が極端に少ない方、ビスフォスフォネート製剤を服用している方などがこれに該当します。
少しでもご心配な場合は事前にご相談くださいね。 (さらに…)