大阪市30代女性:前歯部のインプラント

chiryorei262

大阪市30代女性の症例です。
差し歯だった前歯の根っこにヒビが入ってしまい、抜歯が必要となりました。

抜歯が必要になった場合、当院ではブリッジ、入れ歯、インプラントの3つの治療法を患者さんにご提示します。
その際には一つ一つの特徴やメリット、デメリットを細かにご説明し、じっくり話し合って決める事になります。

この方は最終的にインプラント治療を選ばれました。
インプラントを選ぶに至った理由は、前歯を失った方には大変参考になると思います。

30代でまだお若い女性であることから、バネが見えてしまう部分入れ歯は真っ先に却下されました。

次に手軽に受けられる治療はブリッジです。
奥歯であれば銀合金で保険治療も可能で、2~3回の通院で治療は終わりますので良く行われている治療ではあります。

この患者さんの場合は前歯なので、審美性を考えてセラミックでの治療になります。
ブリッジは両隣の歯をけずって全体をかぶせる形になりますので、健康な歯を2本削る必要があり、ブリッジ全体をセラミックで作らなければならないためにかなり治療費が高額になります。

残る治療はインプラントです。一件高価な治療のように思われますが、前歯にセラミックのブリッジをした場合と、前歯に1本インプラントをした場合の治療費は殆ど同じ程度の値段になります。
インプラントの場合は、両隣の歯を削ったりはせず、欠損した歯の部分の顎骨に直接埋め込みます。

このような点をご説明したところ、患者さんは迷わずにインプラントにお決めになられました。
失った歯の場所や本数によって、様々なケースが考えられます。
当院では、考えられる治療法の中から患者さんと話し合いながら実際の治療を決めていきます。
カウンセラーもおりますので、大切な歯の治療に関する疑問点は全てご質問くださいね。

京都市40代男性:右上の奥歯にインプラント治療

chiryorei260

京都市40代男性の症例です。
患者さんの紹介で、インプラントの相談に来院されました。

ご紹介患者さんが多いということは、頼りになる主治医と認識して頂いているということなので
当院のドクター・スタッフにとって大変うれしいことです。
これからもご紹介の輪が広がっていくように誠心誠意治療してまいります。

さて、この患者さんですが、日頃から血圧が高く、血糖値が高いという成人病の症状があり
インプラントが出来るかどうか大変心配しておられました。

持病がある方の中にはインプラント手術ができない方がおられます。
この患者さんの場合はお話を伺って大丈夫と判断しましたので、
インプラント手術を行うことができました。 (さらに…)

西宮市50代女性:上下の奥歯をインプラントで治療

chiryorei254

西宮市50代女性のケースです。
上下の奥歯をインプラントで治療しました。

最初はブリッジか入れ歯での治療を考えておられたのですが、
それぞれの治療法についてメリットとデメリットをていねいにご説明したところ
「家族と相談してみます」と答えを保留され、
ご家族と話し合った末にインプラント治療を選ばれました。

ご家族の中でも意見が分かれていて、インプラントに反対の立場だった娘さんは、
インプラントは危ないのではないか?大丈夫なのか?とひどく心配されていたそうです。

まず当院ではインプラントの難症例を含めて多くの実績がありますので、
その上で手術が安全に行えるかどうかは、CT撮影による診断と
持病があるかどうか、喫煙されるかどうかで決まります。

持病のない健康な方で喫煙もされず、骨量が十分にある場合は、
インプラントが可能になります。
骨量が十分でない方は骨造成の処置が必要になりますが、
増骨の処置を受けられた方の殆どのケースで、しっかりとした骨が出来上がり、
無事にインプラントを埋入することが出来ています。

女性の場合は骨粗鬆症の方が多いため、骨量に関しては特に慎重に診断します。
この方の場合は自転車や登山が趣味で日頃からよく身体を動かしておられるいるせいか、骨は健康そのものでインプラント手術を安全に受けることが出来ました。

骨量が不安な方は、CTによる検査を受けてみてくださいね。


箕面市30代女性:前歯の歯根破折によるインプラント治療

chiryorei253

箕面市30代女性の症例です。
かかりつけの歯科医院で、歯の根っこにヒビが入っていると診断されました。
このような場合は抜歯になりますので、インプラントとブリッジの2択になりましたが、
この患者さんは治療法の説明を聞いた結果インプラントを希望されました。

たまたま担当の先生がインプラントをされていないとのことで、
当院への紹介状をもっていらっしゃいました。

このように、当院では他の歯科医院からのご紹介患者さんへのインプラント治療も多く行っており、
インプラント治療の技術には自信をもっております。
(さらに…)

川西市40代男性:上下広範囲に渡るインプラント治療

chiryorei252

川西市40代男性の症例です。
以前に歯科医院で怖いを思いをされ、長年治療をしないで我慢されていました。

歯科医院恐怖症の方は意外と多くおられます。
当院では無痛治療に力を入れており、なるべく痛みを感じない治療を心がけておりますが、そうではない歯科医院で歯の治療中に神経に触れたりすると、飛び上るほどの痛みを感じます。
当院では歯を削る際には必ず麻酔をしますので、ご安心くださいね。

麻酔の注射が苦手な方もおられます。
その場合は笑気麻酔といって笑気ガスを吸入して頂き、うたた寝状態になった状態で治療を受けていただく方法もあります。

過去に治療が痛くてトラウマになっている方の大部分は、治療中の痛みに加えて、歯科医師や歯科衛生士が治療内容を十分にご説明していない場合もあり、更に歯科医院に対する不信感が増すようです。

一度歯科医院に対して苦手意識をもってしまうと、将来にわたって歯医者通いが苦手になり、歯が変色していたり虫歯があると気づいていてもつい通院を先延ばしにしてしまい、結果的に虫歯がかなりひどくなって神経を取らなければならなかったり、抜歯になるケースもあります。

永久歯は失ったらニ度と生えて来ませんので、歯科医院の配慮が足りないことが原因で患者さんの歯を失うことに繋がるというのは、歯科医療に携わる者にとっては悔やんでも悔やみきれないほどの大問題です。

絶対にこのようなことが起こらないように、当院では痛みに対する配慮と、治療前の説明、そして治療も患者さんに声をかけながら行うということを徹底しています。

さて、この患者さんは重度の歯周病に加え、多くの歯を無くされている状態でした。
患者さんとご相談しながら、よく噛める状態を取り戻せるように治療していきます。