大阪市70代男性:インプラントを利用した磁石式の入れ歯

chiryorei284

大阪市70代男性の症例です。
若いころから歯の事では、たくさんのお悩みがあったそうです。
お友達がインプラントをされて快適に過ごしておられるのを見て、ご自分もなんでも食べれるようになりたい、元気を取り戻したいとインプラントを希望されました。

お友達から色々とインプラントについてお聞きになられたようで、インプラントに対する不安はなく、インプラント治療についてかなり理解し、そして信頼しておられました。
ただ、気にかけておられるのは治療費のことでした。

インプラントを入れる本数が少ない場合はまだしも、多くの歯を失っておられる場合は全体をインプラントで治すにはかなり高額な費用が必要となります。
費用の総額と手術による身体への負担も考慮して、上顎はインプラントで全体を治療し、下顎は最小限のインプラントを使用し、その上に磁石式の入れ歯を取り付ける治療プランを提案させていただきました。

磁石式の入れ歯で治療する場合は、まずインプラントの埋入手術を行います。
その後インプラントが骨と結合するのを待って、インプラントに磁石を取り付けます。
入れ歯の方にも小型磁石が取り付けられています。

この小型磁石はとても小さいのですが強力な吸着力をもっているために入れ歯の安定性が高いのが特徴です。
入れ歯がずれたり外れたりといったことはありませんのでご安心ください。




川西市60代男性:部分入れ歯の問題をインプラントで解消

chiryorei283

川西市60代男性のケースです。
かかりつけの歯科医院で、部分入れ歯が何度調整しても合わない、
インプラントにして改善出来ないかと当センターへ来院されました。

入れ歯に調整が必要な理由は、歯がなくなると歯槽骨が吸収していくため時間の経過と共に骨が溶けてなくなっていくからです。
歯槽骨は健康な歯を支えている骨で、歯がなくなることでその部分の歯槽骨には力がかからなくなるために骨がだんだんと減って行ってしまいます。

その結果、歯ぐきの形状が変わるために入れ歯の形と合わなくなってしまい、歯科医院で何度調整しても口にぴったりと合わないということが起こってきます。
ドラッグストアで売っている入れ歯安定剤を使って合わない部分を埋めておられる方もおられますが、完全に隙間なく埋めることはなかなか難しく、小さな隙間に食べ物が詰まったりして痛みや違和感を感じる方が多いのが現状です。

歯が抜けたあとの歯ぐきが痩せるのを防ぐには、インプラントが最適です。
この方は60代で、インプラントが出来るかどうかを心配されておられました。

インプラントには基本的に年齢制限がなく、骨がしっかりしている限り何歳でも可能です。
中高年の方で全身疾患にかかっておられる方は、その方の内科のかかりつけ医のコントロールの元で手術を行います。

健康な方でしたら80代の方にも手術を行っています。
当院では無料のカウンセリングを行っておりますので、お気軽にご相談くださいね。

芦屋市50代女性:上顎の小臼歯にインプラント

chiryorei282

芦屋市50代女性の症例です。
歯の根っこの病気の悪化で、歯を抜いてインプラントにした方が良いとかかりつけの先生から診断されたそうです。

なるべく歯は抜きたくないとのことで、お知り合いの方の紹介でセカンドオピニオンで来院されました。
当センターではセカンドオピニオンの方も多く来院されます。

セカンドオピニオンとはかかりつけの歯科医師の意見だけを聞いて治療を受けるのではなく、他の歯科医師の意見も聞いて参考にするということです。

セカンドオピニオンを受けることのメリットは、最初に提示された一つの治療法だけではなく複数の歯科医師の意見を聞くことによって、複数の選択肢の中から自分で選ぶということができるということです。

インプラントの患者さんに対してはCT検査をもとに治療計画をたてますが、インプラントの埋入本数や使用するインプラントのメーカーや種類は歯科医師によって違いが出てくる場合があります。
治療計画が変更になると費用の総額が変わることもあるため、複数の歯科医師の意見を比較することは大切だと考えます。

歯を失ってから何年もたっているケースでは歯のない部分の骨が痩せるために骨量が少なくなってしまってインプラントが出来ないと診断される場合がありますが、セカンドオピニオンを受けるとインプラント治療可能と言われることもあります。

特にインプラントのような高額で高度な医療の場合はセカンドオピニオンによって複数の歯科医師の意見をきいて判断することは大切なことです。かかりつけの先生に悪いのではないかと気にする必要は全くありませんので、お気軽にご相談くださいね。
当院では無料初診相談を行っておりますので、セカンドオピニオンの方もぜひご相談ください。

大阪市40代女性:ブリッジを切断してインプラントに

chiryorei281

大阪市40代女性のケースです。
ブリッジのダミーの歯の部分に食べ物が詰まりやすく、口臭の原因になったり歯ぐきに炎症が起こって出血したりとお困りでした。
それを何とか改善されたいと思ってインプラントの相談に来られました。

以前にインプラントを経験されていたのでインプラントの良さをわかっておられ、ブリッジを外してインプラントにすることに対しては不安はもっておられませんでした。
このように一度インプラントを体験して満足しておられる患者さんは、他の歯も悪くなった時に迷わずインプラントでの治療を希望されます。

この治療例を読んでくださっている方々は、初めてインプラントをされる方も多くおられると思いますので、インプラント治療に適しているのはどんな方か、例をあげさせていただきます。

1.初めて歯を失った方。(ブリッジをしてしまうと健康な歯を削る事になり、やがてその歯も痛んで抜歯になるケースがおおいため)
2.健康で骨の質が良く骨量もたっぷりある方。
3.ご自分の健康に対して積極的な方。(インプラントは全身の健康にもつながるからです。)
4.健康な歯を削りたくない方。
5.ブリッジ、入れ歯は支えになる歯が痛みやすいという欠点をよく知っておられる方
6.現在入れ歯をしておられて入れ歯に満足しておられない方。
7.自分の歯と同じような感覚で硬いものを食べたい方。
8.胃腸の弱い方。
9.糖尿病、リウマチ、骨そしょう症、心臓病などの全身疾病のない方。
10.喫煙されない方。喫煙していてもヘビースモーカーでない方。
11.前歯の審美性が気になる方(インプラントにすると骨が痩せることがないため見た目が良いです)などです。
いずれにしてもインプラントは健康に直結しますので、健康に生きたい方にはお勧めです。

歯は健康の源といっても過言でない位、全身の健康に密接しています。
快適な食生活を送れるように、何歳になっても健康な歯でいていただきたいと私たちは願っております。

宝塚市30代女性:乳歯を抜いてインプラントに

chiryorei280

宝塚市30代女性のケースです。
乳歯が永久歯に生え変わらず、そのまま大人になるまで過ごされていました。
乳歯は永久歯と異なり、その名の通り永久的なモノではないとされています。
この方のように永久歯が生えてこない場合は、出来る限り乳歯を長持ちさせるよう、虫歯にならないように気を付けることが大事です。

そうやって大切にしてきた乳歯ですが、それでも大人になって乳歯がぐらついてきて抜けてしまうことがあります。
この方は30代になって乳歯が抜けてしまい、かかりつけの先生からはブリッジにするかインプラントにするかを選ぶようにと言われておられました。

当院でインプラント前の検査をしたところ、30代でお若いために骨がしっかりしており、インプラントは容易に出来ることがわかりました。
ブリッジは両隣の歯を削ることになるため、健康な歯を削りたくないとのことでインプラント治療を希望されました。

手術はスムーズに進み、経過も良好です。
このように乳歯が永久歯に生えかわらなかった方の場合は、インプラントが最適な治療となります。

永久歯が生えてこない場合、乳歯が抜けたときにそのままにされている方も多いと思います。
確かにそのままにしていても暫くの間はあまり不自由がないかもしれません。
しかし歯がないということはその部分では噛めないということで、不自然な噛み合わせになります。
例えば逆の側の歯でばかり噛んでいたら、10年くらいたったある日、顎の歪みに気づくということがありますし、顎関節症になる危険もあります。

その他にも、両隣の歯が空いたスペースに倒れてきたり、噛みあう相手の歯が伸びてきたりということが起こってきます。
たった1本の歯を失うだけでも全体の噛み合わせが崩れてしまい、そうなってからインプラントや入れ歯を入れたいと思われても、倒れた歯を起こすという処置に何ヶ月もかかる場合があります。

歯を失った場合はすぐに治療を開始することが、後々に深刻な歯の問題を抱える事がないということに繋がります。