摂津市50代男性:差し歯だった前歯をインプラントに

chiryorei366

摂津市50代男性の症例です。
バイクに乗っていて転倒して歯を折ってしまって以来、前歯が差し歯でいらっしゃいました。

医師から保険診療でも前歯を白い歯にできると説明されて硬質レジンでの差し歯治療を受けられたそうです。保険治療なので治療費は安いものの、硬質レジンはプラスチックなので長く使っているうちに黄ばみが生じたり、欠けてしまったりするというデメリットがあります。

差し歯治療は歯根に土台(コア)を立てて人工歯を被せますが、保険診療で使用される金属コアは、歯よりも強度が高いため歯根の破折につながる恐れがあります。実際にこの患者さんの硬質レジンの差し歯は2年くらいで変色し始めてしまいました。営業職に就いておられたために他人から見えてしまうのがお悩みでした。
そのうえ金属コアの負担によって歯根が割れて、今回抜歯が必要になってしまいました。

抜歯をして歯根がなくなってしまうと、入れ歯、ブリッジ、インプラントの3つの治療の中から選ばなければなりません。
当院ではまず、患者さんにご自身のお口の現状を知っていただくため歯科医師が検査結果をしっかりと説明します。次に患者さんの治療についてのご要望やお気持ちをお聞きします。
患者さんのお話をふまえ、現状で考えられる治療法を患者さんにご提示し、その内容を一つ一つていねいにご説明します。最終的に一つの治療法に絞り、治療計画を作成して、患者さんの合意をいただいたうえで治療を開始します。

インプラントの美しい歯が入ることで審美性を回復させ、しっかりと快適に噛めるようになるように治療を行っていきます。

大阪府島本町30代男性:サイナスリフトでインプラント治療が可能に

chiryorei365

大阪府島本町30代男性の症例です。
右上の奥側の骨が来院時にはかなり低くなっており、骨量が少ないことが懸念される状態でした。(ご参考までにレントゲン写真では黒っぽいところが空洞、白っぽいところが骨にあたります。)
こちらの患者さんは仕事がお忙しく、歯を抜いてから長い間そのまま放っておかれたそうです。そのせいで顎の減り、通常はインプラントは難しいと診断されるケースでした。

だからといって、インプラント手術が絶対に出来ないわけではありません。増骨の処置を行えばインプラントを埋入することが可能な場合があります。
顎の骨が少ないケースでも、CTスキャン検査によって骨の状態を細かく見ていくことでインプラントが埋入できる場所を見出せる場合もあります。

「サイナスリフト」は、上顎の骨が減ってしまったためインプラントを埋入しづらい、こちらの患者さんのような方のための治療法です。
「サイナス」は、顎の骨の上に位置する空洞をさします。空洞の粘膜を持ち上げて骨補填剤で充たし、インプラントと結合する骨の高さを確保する処置のことを「サイナスリフト」と呼びます。
インプラント手術が完了し、骨とインプラント本体がしっかりと結合すれば、その上に人工歯をきれいに装着することができます。

骨の量が少なく、インプラント手術は無理と診断された患者さんも、あきらめないで北大阪インプラントセンターへどうぞ一度ご相談くださいね。

茨木市60代女性:左上奥歯のインプラント治療

chiryorei364

茨木市60代女性の症例です。ご家族ぐるみで来院なさっています。
以前に右下のインプラント手術も行いました。
今回は左上の奥歯にインプラント2本を埋入しました。

初診時「夫がインプラントで治しているので色々話は聞いているのですが、念のため教えてください」と、カウンセラーにインプラント治療のメリットとデメリットを尋ねてこられました。

インプラントのデメリットは、顎の骨とインプラントの結合に期間を要する点や、自由診療のため費用が高額になりがちな点です。

しかしそれらを凌駕するメリットがあります。治療後は上下の咬み合わせが回復してシッカリ噛めるようになりますし、噛める箇所がつくれたことで、残っている歯に負担をかけずに済みます。

さらに、歯がきれいになって表情が明るくなり、精神面に良い影響が得られます。
ちなみにこちらの患者さんは、ゴルフのスコアが良くなられました。奥歯を食いしばれるようになり、力が入るようになったからだと思います。

歯を失った場合にブリッジか入れ歯かという選択しかなかった歯科治療において、インプラントは〈第二の永久歯〉と呼ばれるほど、かけがえのない治療法です。
ただ、現在では多くの種類のインプラントが流通しており、中には構造に問題があったり製造上の衛生管理に不備があったりするものが残念ながら存在しているのも事実です。
信頼のおけるメーカーのインプラントを扱っている歯科医院の手術を受けられることをお勧めいたします。

東大阪市60代男性:上顎の奥歯へインプラント

chiryorei363

東大阪市60代男性の症例です。
上顎の左右の奥歯に欠損があります。5本のインプラントを使用して手術を行いました。
下顎の左右の奥歯もインプラント治療済みなので、「自分の歯みたいに噛めるのでインプラントの良さを実感する毎日です」とおっしゃっています。

インプラントの意味は「植える」「埋める」です。顎の骨にチタン製の歯根を埋め込んで、人工歯冠をかぶせ、しっかり噛めるようにするのが歯科インプラント治療です。

インプラントのルーツは紀元前に遡ります。古代インカ帝国ではエメラルドやアメジストといった宝石を顎の骨に埋め込んで歯の代用としていました。

紀元2~3世紀になると鉄製のインプラントが使われ始め、顎の骨にインプラントを埋め込んだ古代ローマ時代の人骨が発見されています。そして紀元5世紀ごろの南米では顎の骨に二枚貝の貝殻で細工された人工の歯が埋め込まれていたそうです。このように太古の昔から、硬く尖ったものを歯の代わりに顎の骨に埋め込むという治療が行われてきました。

近代に入ると、様々なインプラントの実験が行われるようになりました。バスケット型、らせん型、スパイラル型等、色んな形状のインプラントが開発され、実験が重ねられました。

1952年、スウェーデンのルンド大学で研究者としての日々を送っていたブローネマルク教授は、チタンが骨と結合することを偶然発見しました。この発見が現在のインプラント治療の基礎となり、多くの研究者が様々な研究を重ねることでインプラントはますます進化し、今日の安全なインプラント治療の普及へと繋がったのです。

京都市40代女性:下顎のインプラント手術

chiryorei362

京都市40代女性の症例です。
すでに上顎へインプラントが埋入されていましたが、今回は下顎の奥歯へインプラント手術を行っています。
こちらの患者さんは接客業に就いておられ、口元はお客さんから目立つのでなるべく自然に見えるように治したいと希望しておられました。また、カツゼツが悪くなることをとても気にされていたためインプラントをお勧めしました。

インプラント治療後はきちんと噛めるようになっただけでなく、入れ歯のように人前でずれたり外れたりする心配がなく、発音のしやすさの点でも以前と変わりなく喋れるので喜んでおられました。

患者さんに安心してインプラント手術を受けていただくためにも、インプラント治療の流れについてご説明しましょう。

まずインプラントを埋入するために、歯肉を切開し顎の骨に穴をあけます。その穴にチタンインプラント(人工歯根)を埋め込み、歯肉を縫合して一旦ふさぎます。上顎のケースでおよそ5ヵ月間、下顎のケースでおよそ3ヵ月間はその状態のままでインプラントが顎の骨に定着するのを待ちます。

インプラントが骨に結合したのを確認してから歯肉を切開し、アバットメントという土台をつけたうえで人工歯を被せます。この二次手術はほとんど時間のかからない簡単な処置です。これが手術を二度ともなうために二回法と呼ばれる一般的なインプラント治療の流れです。