大阪市浪速区60代女性:右下奥歯にインプラント2本埋入



大阪市浪速区60代女性の症例です。
歯周病のため歯を失っておられます。残っている歯も歯肉から出血し、また口臭にも悩んでおられました。

歯周病は出来るだけ悪化する前に処置をし、進行を遅らせて歯の寿命を長くすることが大切です。治療が遅れると次第に歯がぐらつくようになり、最終的には歯が抜けてしまうか、抜歯を勧められることになります。

むし歯もそうですが、歯周病の場合も早期発見と早期治療が大切です。早めの対応でご自身の歯を長持ちさせ、楽しくお食事することが出来るようになります。そのために当院では日頃から数か月に一度の定期検診をおすすめしています。

この患者さんは失った歯の部分にインプラントをご希望でしたが、実際の手術は歯周病をある程度治療してからになります。歯周病治療には歯科衛生士による歯のクリーニングが大変効果があり、歯周病菌を減らすことに繋がります。もちろん毎日の歯みがき等のご自身によるケアもかかせません。

そうして歯ぐきの状態が良くなってきてから、インプラント手術を行います。歯周病のままではせっかくインプラントを埋入しても、またぐらぐらになってしまう恐れがあります。インプラントは虫歯にはなりませんが、永く使うためのケアは天然の歯と同じとお考えください。大切にケアして歯ぐきの状態を健康に保つことでインプラントも長く使っていただけます。

兵庫県伊丹市50代男性:右上奥歯にインプラント2本埋入



兵庫県伊丹市50代男性の症例です。
入れ歯が痛くて柔らかいものしか食べられず食事が全く楽しくないということで、インプラントの相談にみえられました。無意識のうちに左で噛んでいるので、その点も気になっているそうです。

この方は右上奥歯を失われており、この部分にインプラントを2本埋入して噛み合わせを回復するという治療計画をたてました。左右両方で噛めるようになることで、左でばかり噛んでいる状態は解消するはずです。

治療後、今まで使っておられた入れ歯とは違って何でも自由に噛めるようになりました。患者さんは「こんなに何でも噛めるようになるならもっと早くインプラントにすれば良かった」とおっしゃっておられました。

入れ歯は粘膜で噛む力を受けとめることになるため、構造的に無理があります。インプラントは人工歯根が骨としっかり結合しますので、びくともしない強い歯が作れ、その結果として何でも食べられるようになります。

現在入れ歯をお使いの方で、思うように噛めない、痛い、違和感がある等のトラブルを抱えておられる方は、インプラントの無料相談を受けてみる事をお勧めします。インプラントにすることで何でも噛めるようになりますので、入れ歯が原因で起こっている様々な悩みが解決されると思います。

大阪市北区50代女性:右上と左下奥歯のインプラント手術



大阪市北区50代女性の症例です。
右上と左下奥歯にインプラントを埋入する治療を行いました。
抜歯後かなり永く放置しておられましたが、最近になって頭痛や肩こりがひどいため、歯がないことが原因ではないかと気付かれて来院されました。

噛み合わせは全身のバランスに深くかかわっており、歯が悪くなくても片側ばかりで噛む癖のある方は左右の肩の高さが違っている場合があります。しかも左右の肩の高さが違っていることにご本人は気付かず、どんどん悪くなってしまうこともありますので、歯の噛み合わせはとても大事です。

歯を治療することでこの患者さんの感じておられる頭痛や肩こりが完全に治るとは言い切れませんが、少なくとも左右のバランスを改善させることは出来ますので、それでも治らない場合は別の原因を探っていくことになるかと思います。

歯を失った場合は、ブリッジ、入れ歯、インプラントという3通りの方法のどれかで失った歯の噛み合わせを回復させることになります。この患者さんは失っている歯の数が多いことと、入れ歯は心理的に抵抗感があるとのことで、インプラント治療を選ばれました。

インプラントは顎の骨にしっかりと固定されるので良く噛めるようになるのが特徴です。何でも食べられるようになったことで、心身共にとても調子が良く、今のところ頭痛や肩こりも気にならない状態だそうです。特に持病はないとのことですので、あとは定期的にウォーキング等の軽い運動をされることで、どんどん健康になられるのではないかと思います。

兵庫県西宮市30代女性:下顎のブリッジをインプラントに



兵庫県西宮市30代女性の症例です。
ブリッジを支えている歯に痛みがあり来院されました。歯ぐきが腫れておりレントゲンの結果歯の根が割れてしまっているのがわかり、やむなく抜歯となりました。
歯ぐきが治るのを待って、歯のない部分にインプラントを2本埋入しています。

インプラントは歯の抜けた部分の顎骨に人工歯根を埋入し、その上にアバットメントと人工の歯を固定する治療法です。インプラント体は人間の身体と親和性の高いチタンで作られており、チタンはアレルギーを起こすことが少なく、顎の骨としっかりと結合する性質があるためにインプラントの材料として最適です。インプラントの人体への応用が開始されたのは1965年ですが、研究が重ねられて材料や形状が開発され、信頼性の高いインプラントへと進化して今日に至ります。

インプラント手術の直後は骨にインプラントが埋め込まれただけの状態ですが、次第に骨と結合していき3~4か月で骨としっかり一体化します。患者さんの骨の状態によってはもう少し期間が伸びる場合もありますが、この患者さんはまだお若く、骨がしっかりしていたので3か月程度で型取りを行っています。

歯の型取りをして被せ物を作成し、インプラントに取り付けて噛み合わせの調整をし、インプラント治療は終了します。治療後はインプラントを長持ちさせるため、数か月に一度のメンテナンスに通っていただいています。

京都府向日市50代女性:右下顎のインプラント治療

chiryorei403

京都府向日市50代女性の症例です。
右下顎の奥歯の根が破折していて抜歯となり、2本のインプラントを埋入して治療しました。

歯にひびが入ったり割れてしまった状態を破折(はせつ)と呼びます。特に歯の根の部分にひびが入ったり割れたりすることを、歯根破折と呼びます。歯ぐきの中は本来無菌状態ですが、ひびが入るとそこから細菌が入り込んだり、既に入り込んでいる細菌がひびから外に出てきて炎症を起こしている状態が、歯根の破折です。

歯根破折は噛み合わせが悪い方や、硬い食べ物を好む方に起こりやすく、歯ぐきが腫れたり、差し歯が取れたり、差し歯に違和感を感じたりします。また、根の先に膿の袋が出来る場合もあります。
歯根破折の処置としては多くの場合抜歯になります。この患者さんも奥歯を抜歯することになり、その後の治療に関して悩まれていたため、考えられる治療法の説明をしっかり行って話し合いました。

最初はインプラント手術が怖いと言っておられましたが、名古屋にお住まいの妹さんがインプラント治療を既に受けておられ、痛みや違和感が全くなく、トラブルもないというお話を直接聞かれて、最終的にはインプラント治療を選ばれました。

身内の方からのお話は信ぴょう性が高く、多くの方の体験談を読むよりも説得力があります。この患者さんは健康で飲酒や喫煙も全くされない方でしたので順調に治療がすすみ、しっかりと噛める歯をつくることが出来ました。