大阪市平野区60代男性:右下奥歯に1本インプラント埋入



大阪市平野区60代男性の症例です。
右下奥歯に痛みがありグラグラしているため来院されました。様々な治療法についてご説明し、今回はしっかり噛めるようになることを最重要視してインプラント治療を選択されました。

歯を失った場合に、欠損部を治療せずにそのままにした場合、その部分で噛めないのはもちろんですが、他の歯が空いたスペースに移動してくることがあるため、徐々に噛み合わせが狂ってきます。また、奥歯で良く噛めない状態になると前歯で何とか噛もうとしますので、前歯に負担がかかってしまいます。その結果前歯までも痛めることになりかねませんので、歯を失ったときは早めの治療をお勧めします。

具体的にどのような治療になるのかといいますと、入れ歯、ブリッジ、インプラントの3種類の治療から一つを選んでいただくことになります。

保険適応の部分入れ歯は金属のバネのようなものを両隣の歯にひっかけることで入れ歯を固定します。両隣に歯にかなりの負担がかかってしまい、何年か後にそれらの歯を痛めることが多いです。

ブリッジは両隣の歯を削って欠損部分を含めて3本の連結にして被せます。両隣の歯が健康な歯である場合は、ブリッジをするためにかなり多くを削る必要があります。保険適応で手軽に出来る治療である反面、健康な歯を2本も削らなければならないという欠点があります。

最後のインプラントは、欠損部分の顎の骨にチタン製の人工歯根を埋め込み、その上に義歯をかぶせて歯を作る方法です。隣の歯を痛める事がないのでお勧めですが、保険がきかないために医療費が高額になります。

これらの治療法それぞれのメリット・デメリットをご説明したうえで、患者さんと話し合って最適な治療法を選びます。

大阪市大正区50代男性:左上を増骨してインプラント治療



大阪市大正区50代男性の症例です。
左上にインプラントを入れたいと希望されましたが、骨が薄くなっており、そのままではインプラント埋入が出来ません。

インプラント埋入には骨の幅や厚さが必要


インプラントは骨にネジ状の人工歯根を埋め込みますので、手術をするためにはしっかりとした骨にインプラントが囲まれる状態でなければなりません。骨が薄い部分に無理にインプラントを埋め込むと、骨が割れてしまったり、インプラントが上顎洞といわれる空洞に突き抜けてしまうという事故が起こる危険が高くなります。

それを防ぐためにはサイナスリフトと呼ばれる増骨の処置を行います。この患者さんの場合はサイナスリフトの前に歯科衛生士によるクリーニングを何度か受けていただき、歯ぐきの状態を改善しました。

上顎へのインプラントは難しいと言われている


上の歯のインプラントは下顎に比べると上顎は骨が少ないため難易度が高いとされています。そのため熟練していない歯科医師は、上顎へのインプラントを出来るだけ避ける方もおられると聞きます。しかし上顎へのインプラントを希望される患者さんが多くおられる以上、当院の歯科医師はしっかりとした技術を身に付けて安全な対応を行っています。

上顎の奥歯の上には、上顎洞と呼ばれる骨の空洞が存在します。目の下から鼻の横にかけての位置になります。上顎洞があるために上顎の骨が薄くなっていて、インプラントを埋入するだけの高さがないというケースがあります。

それを無視してインプラント手術を強行すると、インプラントが骨を突き抜けて上顎洞内に飛び出てしまい、やがて上顎洞内に落ちてしまうということになりかねません。そのため、骨の厚さを増すためにソケットリフトまたはサイナスリフトという処置を行います。

この患者さんの場合は、骨が極端に薄かったためにサイナスリフトを行いました。

サイナスリフトについて


上顎洞には上顎洞粘膜と呼ばれる薄い膜がはりついており、その粘膜を骨からはがして上に持ちあげます。持ち上げて出来た空間に骨補填材を入れるのがサイナスリフトで、これは大変技術のいる処置です。

サイナスリフト

数か月後に骨補填材の部分がしっかりとした硬さのある骨に変わったらインプラントを入れる手術を行います。この患者さんは骨の出来るのが早かったため、治療期間も少し短縮出来ました。

上顎洞粘膜の挙上量が少ない場合はソケットリフト、大きい場合はサイナスリフトという処置を行います。サイナスリフトの処置後は、しばらくの間は上顎に力を入れないようにする等の注意が必要になります。

このように、骨の量が少なくても増骨の処置を行えばインプラントが可能になります。骨が少ないために他の医院でインプラント治療を断られた方も、一度当院にご相談くださいね。

大阪府松原市40代女性:左下奥歯にインプラント1本埋入



大阪府松原市40代女性の症例です。むし歯がかなり深くなっており、抜歯しなければならない状態でした。

一番奥の歯が1本だけ欠損の場合、何もしなくても噛むことにあまり不自由はなく大きな問題はないのですが、長期間そのままにすることで対応する上の歯が動いてくる可能性があります。この部位の場合、支えとなる両端の歯がないためにブリッジはできません。入れ歯を入れた場合も違和感が強くなり、うまく噛めない可能性が高いです。患者さんとそのようなお話をした結果、インプラント治療をすることになりました。

両隣の歯に負担をかけて痛めることがないという理由から、一般的にインプラントには大きなメリットがありますが、失った歯の部位によっても治療方法は変わり、最適な治療も変わってきます。この患者さんの場合はインプラントが一番良いという結論になりました。

インプラントは見た目が天然の歯に近く、天然の歯と同じかそれ以上の力で咀嚼することが出来ます。顎骨にインプラントを埋入することで骨が痩せるのを防ぎますし、1本だけの治療で済みますので周囲の歯を削ったり痛めたりということがありません。

しかしインプラントにも欠点があります。抜歯と同じくらいの身体的負担のある手術が必要になります。そして糖尿病や心臓病等の全身疾患のある方は、手術が受けられない場合があります。そして保険がきかないため治療費が高額になります。

これらのメリット・デメリットをふまえたうえで、患者さんに最適な治療方法をご提案いたします。

大阪府池田市20代女性:左下奥歯に1本のインプラントを埋入



大阪府池田市20代女性の症例です。
かかりつけの歯科で根尖病巣の治療中でしたが、炎症が治まらず抜歯になりました。抜歯後の治療について当院に相談にみえました。

まだお若い方で両隣の歯も健康な状態でしたので、それらの歯を削ってブリッジにするよりはインプラントを1本埋入した方が良いと判断し、インプラントをお勧めしました。このように両隣の歯に悪い影響を与えないというのがインプラントの大きなメリットです。この患者さんは他に悪い歯もなく、インプラントについても良くご存じなかったため、図を使って丁寧にご説明しました。

インプラントは歯を失った方のための治療法で、顎の骨に人工歯根を埋め込んでその上に人工の歯を取り付けて咬合を回復させるという方法です。人工歯根はネジの形をしており、骨と親和性の高いチタンで出来ているため骨に埋め込んでから数か月でネジの凹凸が骨と結合します。これをオッセオインテグレーションと呼んでおり、インプラントはこの性質を利用してしっかりと頑丈な義歯をつくります。

一昔前でしたら、患者さんに対する治療内容の説明もなく、当たり前のようにブリッジ治療が行われていたかもしれません。ブリッジの平均寿命は約8年といわれています。もちろん20~30年もブリッジに何の問題もなく機能している方もおられますが、多くの場合、やがてブリッジの支えの歯が悪くなってしまいます。それぞれの治療のメリットやデメリットをお話しし、患者さんの納得のいく治療法を選んでいます。

大阪市福島区40代女性:上顎の前歯にインプラント治療



大阪市福島区40代女性の症例です。
前歯のインプラント治療では審美的に自然できれいに見えることが大切です。奥歯の場合はしっかりと噛めることに重点が置かれますが、前歯は人から見えるため、いかに美しく仕上げるかが重要です。インプラントの上部構造をオールセラミックで作ると微妙な歯の陰影が表現できますので、天然の歯と見分けがつかない自然な見た目になります。

自然で美しいスマイルラインを作るには、自然な歯肉の形を再現しなければなりません。当院では今までに多くのインプラントの症例を経験しており、当院では一本一本の形にこだわった、満足のいく美しい前歯をつくります。

前歯のインプラントは奥歯に比べて難しいと言われています。上顎には鼻の両隣に上顎洞と呼ばれる空洞があるため、骨が薄い部分があり、下顎と比べて複雑な構造になっているためです。そのような条件のもとで、血管や神経を避けて安全な位置にインプラントを埋入しなければなりません。

患者さんによって骨の大きさや厚みが違っています。インプラントを実際に埋め込む位置は患者さんのCT撮影データをもとに、埋入する本数や場所によって細かく分析されて治療計画が決定します。
前歯にインプラントをご希望の方は、ぜひ当院の無料初診カウンセリングをお受け下さいね。治療方法や治療費、治療期間についてご説明させていただきます。