東大阪市50代女性:左上にインプラントを1本埋入



東大阪市50代女性の症例です。左上にインプラントを1本埋入しました。
元々は欠損部をブリッジにされていたのですが、義歯と歯ぐきとの間に食べた物が詰まるのが原因で歯ぐきが腫れることが多く、相談にみえられました。

ブリッジに食べ物が挟まる場合の取り方


ブリッジと歯ぐきの間に食べ物が挟まった場合は、通常の歯みがきやうがいでは取れにくい場合が多いです。かといって自然に取れるのを待つと、挟まったものが腐敗して口臭の原因になったり、菌が発生して歯ぐきが腫れたりします。

一番取りやすいのは歯間ブラシを使うやり方ですが、強くこすり過ぎると歯肉を痛めますので力の加減が重要です。そっと力を入れないようにして行ってください。

こんな場合はインプラントがお勧めです


歯を失った部分に天然の歯の根っこの代わりに人工歯根を埋め込み、噛む機能を回復させるのがインプラント治療です。

どのような方にインプラントをお勧めするかというと、下記のような方です。

1.一番奥の歯が抜けたためにブリッジに出来ない場合

2.ブリッジにするには健康な歯を削らなければならないが削りたくない場合

3.失った歯の本数が多いためにブリッジでは支えきれない場合

4.入れ歯や心理的に嫌だという場合

5.先天性の永久歯の欠損がある方で、乳歯が抜けてしまった場合

インプラント治療を受けられた殆どの患者さんがおっしゃるのは、「よく噛める」ということです。今まで歯が悪いために食べるのを我慢していた硬いせんべいやピーナッツを噛めるようになったり、肉を豪快に噛みちぎれるようになったりと、何でも食べられるようになりますので、食べることがとても楽しくなるようです。

インプラントの治療期間は?


インプラントはあごの骨に埋め込む手術をしたあと、人工歯根が骨としっかり結合するまで待たなければなりません。一般的には3ヶ月から6ヶ月の待ち期間になり、その間は1~2ヶ月に1度くらい来院していただきチェックをすることがあります。

埋め込んだインプラントと骨が結合するのを確認すれば、それから型取りをして最終的な被せ物を作り、セットします。

前歯の場合は必ず仮歯を入れますので、歯がない期間というのは基本的にありませんのでご安心下さい。

大阪府河内長野市60代男性:右下奥歯に3本埋入



大阪府河内長野市60代男性の症例です。
歯周病で多くの歯を失っておられます。今まで入れ歯を使っておられましたが、安定せず咬みにくいとのことで、下顎にインプラントを3本埋入しました。

歯周病はとても身近な病気です


現在、日本人の80%以上が歯周病にかかっており、歯を失う原因のトップが歯周病です。そのため歯周病で歯を失うことがないようにと、歯周病の予防や治療に力を入れている歯科医院が多いです。

歯周病は歯についたプラークの中にいる細菌が引き起こす病気で、歯と歯ぐきの間に深く入り込んで歯周組織を破壊していきます。歯周病が重症化すると歯周ポケットがどんどん深くなって、やがて歯槽骨を溶かし始めます。そのため歯がグラグラし出し、最悪の場合は歯が抜けてしまいます。

このように歯周病はとても怖い病気ですが、近年の研究で、歯周病菌が気管から肺に入ってしまうと誤嚥性肺炎を引き起こすことがあるとわかってきました。
更に、歯周病と糖尿病とが関係があるという研究結果もあります。

歯周病の方へのインプラント


歯周病で歯を失くされた患者さんへのインプラント治療は、まず歯周病のコントロールから始まります。
歯周病が重症になると、歯を支えている歯槽骨が溶けていってしまいます。それと同じ事がインプラントを支えている骨にも起こるのです。歯周病を放置したままでインプラント手術をすると、せっかく埋入したインプラントの周囲の骨が溶けて吸収し、インプラントがグラグラし出してやがて抜けてしまいます。

そのようなことが起こらないようにするには、インプラントの治療計画をたてる際に、インプラントの手術だけではなく歯周病の治療計画を立てなければなりません。それは残っている天然の歯を将来的に永く健康にもたせることにも繋がります。
従って、インプラントが必要な部分だけでなく、残っている歯が将来も健康に機能することを考え合わせて治療計画を立てていきます。


インプラントをながもちさせるためには治療後のメンテナンスが大切です。治療を受けられた患者さんと施術を行った歯科医院とは、これからも長いお付き合いになります。当院では残っている歯を守りながら健康な食生活を送れるように取り組みをしています。

大阪市都島区30代女性:右下の欠損部分に1本埋入



大阪市都島区30代女性の症例です。
歯が重なり合っている部分の歯みがきがしにくく、重度のむし歯になって抜歯しなければならなくなりました。かかりつけ医の歯医者さんからは抜歯後の治療についての説明がなかったため、不安になって相談にみえられました。

歯並びが悪いとどうしてもむし歯になりやすい


歯並びが悪い方にはむし歯が多い傾向があります。
歯と歯が重なっていると、しっかり歯みがきしていても歯ブラシが届いていない部分があり、みがき残しが出来てしまいます。歯と歯が数ミリ重なっているとフロスも通りにくく、その結果、歯が重なっている部分に少しずつプラークがたまっていき、むし歯になってしまいます。その部分は一度むし歯治療をしても再発しやすいので注意が必要です。

インプラントで歯並びをを調整できる


この患者さんは抜歯前は歯並びが悪く、隣の歯と重なっていましたが、インプラントの上に被せる義歯を隣の歯と重ならないような大きさに調整することが出来ます。周りの歯に合わせてピッタリしたサイズの歯を入れられるため、インプラントの部分の歯並びが良くなります。

このようにインプラントは審美的にも優れていてとてもキレイな歯が入るので、前歯にインプラントをする場合も全く心配ありません。ただし、歯周病が進んでいたり、抜歯してから何年も経過していて顎の骨が減ってしまっているケースでは、義歯がやや長めになる場合もあります。

インプラントにもメリットとデメリットがある


インプラントは他の歯に悪い影響を与えないため、とても良い治療法なのですが、メリットばかりではなくデメリットもあります。患者さんにはその両方をご説明して、相談しながら治療法を決めていきます。

インプラントのメリット


1.天然の歯と同じ感覚で、硬いものでもしっかりと噛める
2.天然の歯と見分けがつかないくらい自然できれいな歯が入る
3.両隣の歯を削ったり、バネで固定したりしないため、他の歯に悪い影響を与えない
4.異物感が全くなく、天然の歯と同じ感覚で歯みがき出来る

インプラントのデメリット


1.外科的な手術が必要になります
2.保険がきかないために治療費が高額になります
3.治療期間が長くかかります。増骨の処置をすると更に長くなります


抜歯後の治療をどうするか決める際には、これらのメリット、デメリットについて良く考えて総合的に判断することが大切です。

大阪市北区50代女性:右下奥歯にインプラント2本埋入



大阪市北区50代女性の症例です。
右下の奥歯に痛みがあって来院されたところ、根っこが割れてしまっていたために抜歯になりました。その隣の歯もレントゲンで見ると中がかなり大きなむし歯になっており、抜歯することになりました。こちらの歯は30年程前に銀の被せ物にされており、歯と被せ物の隙間からむし歯になってしまったようです。

抜歯した部分の治療について


抜歯することになると、その後の治療方法について決めなければなりません。今回は一番奥の歯から2本を失ったため、この場合はブリッジが出来ません。そこで、入れ歯かインプラントかという選択になります。

入れ歯の場合も、一番奥の歯の場合は安定しないため、治療方法のメリットやデメリットについて詳しくご説明した結果、インプラントで治療をしたいということになりました。

通常は歯が抜けた後の治療は、ブリッジ、入れ歯、インプラントの3つから選択するのですが、抜けた歯の部位や本数によって選択肢が減ることになります。

インプラントという選択


第一大臼歯と第二大臼歯は咬み合わせの要になる大切な歯です。お子さんに永久歯が生えてくる時も、一番先に生えてくるのが第一大臼歯です。これらの奥歯がなければしっかりと食べ物を噛んですり潰すことが出来ません。

奥歯にインプラントを入れる場合は、太いインプラントを埋入することによってしっかりと圧力をかけて噛めるようになります。咬む時の圧力にしっかり耐えられるのがインプラントの大きなメリットです。

CT撮影の結果、問題無くインプラントが出来るとわかりましたので、抜歯後歯ぐきが治って来ているのを確認してからインプラント手術を行いました。

インプラント手術後


インプラントを埋入してから約3か月たち、下顎の骨とインプラントがしっかり結合したのを確認してから、型取りをしてセラミックのかぶせ物を装着しました。
見た目は天然の歯と殆ど見分けがつきません。歯列にぴったりフィットして違和感もなく、まるでご自分の歯のような感覚で過ごしていただけます。

大阪府豊中市50代女性:左下奥歯に2本インプラント埋入



大阪府豊中市50代女性の症例です。
左下の奥歯をむし歯でなくされてから2年くらい放置していたのですが今回インプラントを埋入して治療しました。

歯の健康にストレスは大敵


この患者さんは子どもの頃からずっとむし歯がなく歯並びも良かったのですが、社会人になってストレスから甘いものをたくさん食べるようになり、どんどん歯が悪くなっていったそうです。

歯が悪くなると不安になり、更にストレスが増すという悪循環で、いつも憂鬱な思いで歯医者通いをしていたとのことです。治療してもまた他の歯が悪くなり、次第に歯医者に行くのも嫌になって重度のむし歯になっても治療せず、歯周病も悪くなってきて、とうとう歯を失うことになってしまいました。

歯のクリーニングとセルフケアを重視する


既に多くの歯に治療痕がありますが、失っていない歯も多くありますので大丈夫です。歯のクリーニングを受けていただくことで歯周病は改善可能ですし、セルフケアも歯ブラシやデンタルフロスの正しい使い方をマスターしていただくことで、歯肉も健康になっていくでしょう。同時に根幹治療を行って、少しでも歯を長持ちさせられるようにしていきましょうということをお話しさせていただきました。

このまま放っておいたら大変なことになるところでしたが、今のタイミングで来院されて良かったです。歯が良くなっていくにつれて、精神的にも落ち着いてこられました。健康の為には食事や運動も大切ですので、今後は広い視野で身体のことを考えていきましょう。具体的には、残っている歯を大切にケアしながら数か月に一度は歯科衛生士によるクリーニングを受けていただき、インプラントも天然の歯も長持ちするようにしていきましょう。