大阪市天王寺区50代男性:左上奥歯にインプラント1本埋入



大阪市天王寺区50代男性の症例です。
歯を失われた際にインプラントを希望されたそうですが、かかりつけ医の診断ではインプラントを入れるには骨がなく難しい手術になるため、ブリッジを提案されました。
しかし出来ればインプラントにしたいとの患者さんの希望で当院に相談に来られました。

ブリッジや入れ歯よりもインプラント


患者さんの歯ぐきや骨の状態、そして全身疾患の有無などによってインプラントが難しい患者さんがおられます。しかしどうしてもインプラントをと望んでおられる患者さんがいらっしゃるのもまた事実です。

ブリッジや入れ歯よりもインプラントを選ぶ患者さんにとって、一体何が決め手になったのかというと、「歯がない部分だけの治療で済む。他の歯を一切触らない」ということのようです。ブリッジや入れ歯によって義歯を支えるメカニズムと比べると、インプラントの構造は抜けた歯根のあとに人工歯根を埋め込むというものですので、とてもシンプルです。インプラントは治療費が高いものの、そのシンプルさが好まれるのかもしれません。

他院でインプラント出来ないと診断された場合も諦めないで


さて、骨が足りないために他院でインプラントは難しいと診断された場合でも、CT画像を精査し、様々な角度から見ることでインプラント出来る部位が見つかる場合があります。この患者さんはそのようなケースでした。

骨のある部分が見つかると、増骨の必要がなくなったり、増骨の為にサイナスリフトが必要と考えていたが、それよりも処置が簡単なソケットリフトという処置で済むこともあります。

骨のある部分を狙ってインプラントを埋入するには熟練した技術が必要ですが、しっかりとした技術を持った歯科医師の治療であれば、インプラントは決して危険ではありません。
インプラントの実績のある歯科医師の手術を受けることをお勧めいたします。

兵庫県西宮市40代女性:上の前歯にインプラント1本埋入



兵庫県西宮市40代女性の症例です。
上の前歯に差し歯をしておられましたが歯の根にひびが入り、かかりつけの歯科で抜歯の処置を受けられました。その後しばらくして抜歯後の治療をどうするかで相談に来られた患者さんです。

両隣の歯を削ってブリッジにするのはもったいない


前歯の治療なので特に審美性を重視してキレイに治療して欲しいとのご要望でした。
歯を失った場合の、ブリッジ、入れ歯、インプラントという3種類の治療についてご説明したところ、入れ歯はバネが見えてしまうことと両隣の前歯を痛めたくないということで、真っ先に候補から外れました。

次にブリッジとインプラントという2つの選択肢になりましたが、他の前歯を削ってブリッジにすることは不安だとおっしゃいました。確かに健康で美しい前歯を削ってしまうのはもったいないです。

そこでインプラントで治療しましょうということになりました。

インプラントの前歯の審美性


前歯のインプラントは特に難しい治療です。それは噛むだけでなく、見た目の美しさを最大限に求められるからです。前歯は喋ったり笑ったりした時に他人から真っ先に見える部位なので、自然に美しく仕上げなければなりません。

審美性ということを考えると、他の前歯との大きさや色の自然なバランスが求められるため、単に義歯を入れれば良いというわけにいきません。まず被せ物を自然なサイズにしなければなりませんし、歯ぐきの高さや位置も他の歯とバランス良く仕上げなければなりません。
つまり、前歯の治療には奥歯の治療とは違う面での審美的な技術が必要とされます。

美しい前歯を入れるための歯ぐきの状態について


歯ぐきの状態は歯を失った理由や、失ってからの期間によっても異なります。この患者さんのように若い方で差し歯をしておられ、抜歯になってから長い期間をおかずにインプラントをするケースでは、歯ぐきの状態は概ね良好です。

しかし歯を失ってから何年も経過している場合や、歯周病がすすんでいる場合、また事故で歯ぐきにも外傷がある場合等は、理想的なバランスでインプラントのかぶせ物を入れることが難しくなります。


このように、インプラントに限らず前歯の治療には高い審美性が求められるため、美しく自然に見えるように治療していきます。

大阪市北区30代女性:左下奥歯にインプラントを1本埋入



大阪市北区30代女性の症例です。
左下奥歯をむし歯で失い、インプラントの埋入手術を行いました。

最近ではこの患者さんのように初めて歯を失った方のインプラント治療が増えています。
歯を失った場合の治療法としては、他にブリッジ、入れ歯が考えられますが、この患者さんのようにお若い方で1本だけの欠損となると、インプラントをお勧めしています。


インプラントの構造

インプラントは第二の永久歯とも呼ばれる


むし歯や歯周病等で歯を失った場合に、抜けた歯の根っこを取り去った後の顎骨にチタン製の人工歯根を埋め込み、その上に被せ物を取り付けるのがインプラント治療です。

違和感がないこと、天然の歯と見分けがつかないほど自然に見えること、よく噛めることから、「歯が再び生えてみたみたいだ」と言われることが多いため、「第二の永久歯」とも呼ばれます。

歯を失ったときにブリッジと入れ歯しか選択肢がなかった時代と比べると、現在はインプラントという治療法が確立されていますので、選択の幅が広がりました。

インプラントの良い点


天然の歯と同じく、顎の骨に歯根が埋め込まれているという構造をしているため、自然に見えます。
⇒ブリッジは両隣の歯を削って3本連結の義歯を被せます。入れ歯は両隣の歯にバネをかけて固定します。

失った歯の部分のだけの治療ですので、隣の歯を傷つけることがありません。
⇒ブリッジは両隣の歯を削る必要があります。入れ歯は両隣の歯にバネをかけて固定します。

顎骨にしっかり埋まった人工歯根が噛む力を受けとめるため、強い力で噛めます。
⇒ブリッジ、入れ歯ともに咬む力を歯ぐきで支えるため、強い力が出ない上に歯ぐきに負担をかけます。

インプラントの悪い点


保険がきかない自由診療なので治療費が高額になる。
⇒一般的なブリッジ、入れ歯は保険適応です。但し目立たない材質や機能的に優れたものを求めると自由診療になります。

骨が少ない場合は骨造成の処置が必要になる。
⇒歯を失ってから何年もたつと骨が減ってしまっている場合があり、インプラント治療の前に骨を増やす処置が必要になり、その分治療期間が長くなり別途料金がかかります。

手術が必要になり、治療期間が長い。
⇒ブリッジや入れ歯は数回の通院で治療出来ます。


歯を失った場合の3種類(ブリッジ、入れ歯、インプラント)の治療にはそれぞれにメリット、デメリットがあります。当院ではそれらを詳しくご説明した後に、担当医と話し合って治療方法を決めていきます。
無料の電話相談もございますので、お気軽にご相談くださいね。

大阪市都島区50代男性:右下奥歯にインプラント1本埋入




大阪市都島区50代男性の症例です。
奥歯に痛みと腫れがあり歯根にひびが入っていることがわかりました。この場合は抜歯しなければいけなくなります。

抜歯した後の治療方法は、ブリッジ、入れ歯、インプラントの3種類から選ぶため、それぞれのメリットとデメリットをしっかりご説明します。

ブリッジとは


抜けた歯の両隣の歯を削って土台にして、3本分で1つになっている被せ物を取り付けます。橋渡しのような形状からブリッジと呼ばれています。

ブリッジには使う材質によって保険適当と自由診療のものがあり、前歯の場合は審美性を考えて自由診療の白いセラミックを選ぶ方が殆どです。奥歯の場合も金属アレルギーを起こさせない、より緻密な形状が出来る等の理由でセラミックを選ぶ方が多いです。

但し土台にするために歯を2本削らなければいけませんので、それらの歯の寿命が短くなります。入れてしまえば全く違和感はなく、天然の歯の60%程度の力で噛むことが出来ます。治療期間が短いことから、短期的に考えると手軽な治療ではあります。


入れ歯とは


金属のバネを隣の歯にかけて取り付けるタイプの保険適応の部分入れ歯は、見た目が悪く敬遠されがちです。入れ歯だとわからないようにするには、樹脂で歯ぐきを覆うような形状の自由診療のデンチャーがあります。

ただ、樹脂製の入れ歯は金属アレルギーの心配はありませんが、定期的に作り直す必要がありますので将来的にずっと使っていくにはかなりの費用がかかります。

インプラントとは


インプラントは抜けた歯のあご骨にチタン製の人工歯根を埋め込んで、その上に被せ物を取り付けることで歯の機能を回復させる治療法です。隣の歯を触ることがないため、周囲の健康な歯を痛めません。違和感がなく天然の歯と全く変わらない感覚で過ごせます。よく噛めることも大きなメリットです。

自由診療なので治療費が高く、インプラントが骨と結合する期間がかかりますので治療期間が長いことが欠点です。

インプラントは怖いとおっしゃる患者さんんもおられますが、インプラント治療に関する知識を十分に得ることで、少しずつ不安は減っていくと思います。疑問点があれば何でもおききくださいね。

大阪府茨木市50代女性:骨を増やした後にインプラントで治療




大阪府茨木市50代女性の症例です。
インプラントを希望しておられましたが骨が薄くなっておりそのままではインプラント埋入が不可能だったため、サイナスリフトという骨を増やす処置を行いました。

インプラントを行う上で骨の厚みが必要になります


インプラントはあごの骨に人工歯根を埋め込んで歯を作っていく治療です。人工歯根は直径が4mmほどありますので、それがきちんと埋め込める程度の骨の厚さや幅が必要になります。しかし実際の治療では骨量が足りないためにインプラント手術を断られる患者さんが多くおられます。

骨が薄いのには理由があり、もともとの体質として骨が薄い方、歯周病で歯の周りの骨が溶けてしまった方、歯が抜けてからかなりの年数がたったために骨が吸収して少なくなってしまった方等が考えられます。

これらの患者さんはインプラントを諦めてブリッジや入れ歯で歯の欠損部分を補う治療を受けられますが、当院では増骨してからインプラントを埋入するという手術を行っております。

骨が薄い場合の増骨処置


上顎の骨がなくなっていくと、上顎洞の中に骨を作るサイナスリフト(上顎洞底挙上術)と呼ばれる処置を行います。ソケットリフトと呼ばれる処置もあります。

また、下顎の骨の場合は下顎管という神経や血管が走る管との距離が近く危険なため、GBR法や骨移植を行ってインプラントを埋入するための骨を作ります。

この患者さんの場合は骨の厚みが極度に薄かったため、サイナスリフトという処置を行いました。サイナスリフトを行って3~6か月後に骨がしっかりと出来てから、インプラントの埋入を行います。骨の出来る期間が必要なので、通常のインプラント治療に比べると治療期間は長くなります。

骨が足りないためにインプラントが出来ないという診断を受け、インプラント治療を受けたくても受けられない患者さんがおられます。当院では増骨の処置をしてからのインプラント治療を行っておりますので、他の医院で断られた方も一度ご相談下さいね。