東大阪市50代女性:右下奥歯にインプラント2本埋入



東大阪市50代女性の症例です。
右下奥歯を保険治療のブリッジにしておられましたが、グラグラし始めたためかかりつけ医に診てもらったところ、ブリッジの支えの歯の中が虫歯になっており、やむなく抜歯となりました。
ブリッジの支えのうち手前の歯は残せましたので、奥から2本が欠損しています。

入れ歯かインプラントかの選択


この患者さんのお姑さんが奥歯に入れ歯を入れておられ、入れ歯がどういうものかは大体わかっておられました。奥歯をカバーする入れ歯は、床でかなり大きく口腔内を覆うタイプになります。

入れ歯で特に気になる点は、息が漏れて発音が少し変になり喋りづらい感じがすることだとおっしゃっておられました。発音で何となく入れ歯であることが他人にわかってしまうのではないかと心配されていました。

もう一つの選択肢はインプラントです。インプラントは歯が抜けた部分の骨に人工歯根を埋め込んで、その上に義歯を装着する治療です。周囲の歯や歯ぐきで支えられている取り外し式の入れ歯とは全く違ったタイプの治療で、ご自身の天然の歯がよみがえったような感覚になります。

しかし入れ歯に多くのデメリットがあるように、インプラント治療にもメリットだけではなくデメリットがあります。それらを比較し、話し合いながら患者さんに最適な治療を決めることになります。

インプラントは残っている歯に悪い影響を与えない


インプラント治療には残っている歯を痛めずに済むという大きなメリットがあります。入れ歯は残っている歯や歯ぐきで支えますので、どうしても歯や歯ぐきに負担がかかります。負担が大きくなればその歯は弱くなり、将来抜歯につながる程のダメージを受けてしまうこともあります。

残っている歯に悪い影響を与えないというのはインプラントの最大のメリットと考えられ、予防歯科の観点からもインプラントはお勧めできます。

インプラントは治療費が高額で手術が必要


インプラント治療にはデメリットもあります。それは、保険がきかない自由診療であるため、治療費が高額になってしまうということです。そして、人工歯根を顎の骨に埋め込むための手術が必要になります。

患者さんの骨が人工歯根を埋め込むには高さが足りなかったり、厚みがなかったりする場合もあります。その場合は骨を作るための処置を行います。骨が出来るまでに半年程度かかりますので、治療期間がそれだけ長くかかってしまいます。


当院はインプラントセンターではありますが、インプラントだけをお勧めしているわけではありません。患者さんの歯や骨の状態を診て、それぞれの治療法のメリットやデメリットについてもお話し、患者さんお一人お一人により良い治療をご提案いたします。

大阪市北区50代女性:右上の小臼歯にインプラント1本埋入



大阪市北区50代女性の症例です。
右上の小臼歯の虫歯がひどくなりかかりつけ医に診てもらったところ抜歯することになりました。

この患者さんにとっては初めての抜歯で、抜歯やその後の治療についての知識もなかったため、抜歯後どうすれば良いのかというお話がないまま抜歯の処置を受けることに同意されたそうです。抜歯の処置をした歯科医師はその後歯科医院を退職されたとのことで、抜歯後の治療について相談が出来ず、困惑されて当院に来られました。

ブリッジや入れ歯を勧められないケース


この患者さんのようなケースではブリッジで治療を行うケースが多いですが、抜歯した歯の両隣の歯は健康な状態で、それらを削ってブリッジにするよりはインプラント治療をお勧めするというお話をいたしました。

きれいで健康な歯を削ってブリッジでつなげる治療を行うことは、患者さんだけでなく歯科医師にとっても抵抗があります。

患者さんが望まれればインプラント治療をすすめていくことになります。インプラントの上にセラミックをかぶせれば、健康な歯と見分けがつかない程きれいな仕上がりになります。

両隣の歯に負担をかけたくないならば、インプラントが唯一の治療法となります。ブリッジ、入れ歯は共に、将来隣の歯を失うリスクがあります。

ブリッジのメリット


・健康な歯とほぼ同じ外観を回復出来る
・健康な歯とほぼ同じ噛み心地である
・抜歯によって失った部分の噛み合わせを回復できる
・安定してつながった歯列が回復できる
・保険がきく

ブリッジのデメリット


・ブリッジの土台にする2本の歯をかなり削らなくてはならない
・失った歯の本数が多い場合はブリッジに出来ない
・土台となる歯に噛む力がかかるため、将来それらの歯を痛める危険が高い
・被せ物をセラミックで作ると保険がきかない

ブリッジは保険治療では手軽な価格で出来ますし、通院回数も2~3回程度で済みます。
ただしデメリットも無視できないため、迷われる方も多いです。


このように複数の治療法についてメリット・デメリットをお話しし、患者さんのご希望をききながら適切な治療方法を選んでいきます。

インプラントは手術が必要で治療費も高額になりますが、近年ではインプラント治療を選ばれる患者さんが徐々に増えてきました。ずっとインプラントは怖いし痛いと思って来られた方も、身近な方がインプラントをなさると、安心してご自身もインプラント治療を選ばれるケースが多いです。

ただし、ヘビースモーカーの方や骨粗鬆症の方、糖尿病の方、高血圧や心臓病等の全身の疾患のある方はインプラント治療に適しておりませんので、専門医とよくご相談下さいね。

大阪府藤井寺市70代男性:上下の奥歯に2本ずつインプラント埋入



大阪府藤井寺市70代男性の症例です。
歯周病が進んできて歯を失っておられます。左の奥歯は上顎洞を避けて安全な位置にインプラントを埋め込むために角度をつけて埋入しています。

治療計画をたてる際にはシミュレーションが大切


インプラントを埋入するためには骨の十分な厚さと高さが必要になります。上の歯は上顎洞を避けて埋入する必要があるため、実際に埋入する位置を決めるためにCT撮影データを立体化して見れる専用ソフトを使ってシミュレーションを行います。

シミュレーションでは上顎洞や下顎管をはっきりと表示させたうえで、埋入するインプラントの長さや角度や位置を決めていきます。同時に埋入するのに必要な骨の量があるか、骨を作る必要があるか判断できます。

上顎の骨の量が少ない場合の処置


上顎には上顎洞という大きな空洞が存在します。そのために骨量が少ないケースが多く、また上顎の骨は下顎の骨と比べると軟らかく、歯が抜けたときの骨吸収も大きいという特徴があります。
このような理由から、上顎へのインプラント手術を希望されても骨量が足りないケースが多いのです。

骨量が足りない場合は骨を作る処置が必要になり、治療全体の期間は長くなり手術の難易度も上がります。骨を作る処置をせずに骨が少ない場所を避けて斜めにインプラントを埋め込む方法もあります。

斜めにインプラントを埋め込むことで手術期間を短縮


上記のように上顎へのインプラント治療は、上顎洞を避けつつ骨が十分にある場所にインプラントを埋め込まなければならないために高度な技術が必要になります。
骨を作ってからインプラントを埋入する方法では、1年かそれ以上の治療期間がかかり、通常のインプラントの2倍程度に長くなります。
もっと短い期間で全ての治療を終えるには、インプラントを傾斜させて安全な場所に埋め込むことが必要になります。

上顎洞底部を持ち上げて作った隙間に骨造成していくソケットリフトや、更に骨の高さが足りない場合に行うサイナスリフトという方法がありますが、治療期間がかなり長くなり、費用も余計にかかりますので、インプラントを斜めに埋め込むことで上顎洞を避けることが可能な場合は、骨造成を行わずに斜めに埋入することもあります。

上顎へのインプラント埋入は難易度が高いとされていますが、このようにきちんとシミュレーションを行って綿密に治療計画をたてることで、安全な治療が行えます。
当院では上顎の手術にも多くの症例がありますので、ご安心くださいね。

兵庫県川西市60代男性:部分入れ歯を使用していたが左下に1本インプラント埋入



兵庫県川西市60代男性の症例です。
左下奥歯に2本のインプラントを埋入しました。

この患者さんは抜歯になってから部分入れ歯で対応しておられました。
入れ歯ならではのお悩みがあり、インプラント治療を受けることを決心されました。

痛みを感じにくい入れ歯もある


入れ歯には歯を失った部位や目的によって様々な種類があります。
入れ歯は不自由、噛めないし痛いし、外れる・・と思っている方が多いかもしれませんが、入れ歯を使っておられる方の全てがそのような問題で悩んでおられるわけではありません。

歯がなくなることで歯ぐきや下顎の骨が痩せていき、入れ歯が不安定になると噛む時に痛みが出てきます。しかし自費治療の入れ歯には種類がたくさんあり、歯ぐきを覆う部分が大きい入れ歯に変えることで入れ歯が安定し、しっかり噛めるようになるケースもあります。ただし保険のきかない自由診療になりますので、治療費はかなりかかることになります。

前歯の部分入れ歯の一番多いお悩みは、金属のバネが見えてしまって審美性が悪いということです。こちらも自由診療になりますが、金属のバネを使わない入れ歯がありますので、お悩みの方は一度ご相談ください。

インプラントをお勧めする場合


当院では入れ歯でのお悩みがあって相談に来られ、悩みを解決するためにはインプラントが最適と思われる患者さんにはインプラントをご紹介しています。

しかしインプラント治療も、骨の状態や全身の健康状態、歯を失った理由等を考慮した上でメリットとデメリットの両方を考えながら検討していくことになります。

どの治療法にも言えることですが、患者さんお一人お一人のお悩みや様々な状況によって最適と思われる治療法は変わってきます。もし患者さんがインプラント治療を希望されても、全身の疾患があったり、ヘビースモーカーであったり、治療が適応できない場合もありますので、まず歯科医師にご相談下さいね。

複数の歯科医院でセカンドオピニオンを得ることも大切


ここ数年の間にインプラント治療が可能な歯科医院はどんどん増えてきました。歯科医院のホームページにもインプラントの説明が詳しく掲載されています。また治療方針にこだわりがあり、様々な取り組みを行っている医院もあります。

当院に相談に来られる患者さんは、既に色々な歯科医院のホームページを見られ、かなり勉強しておられる方も多くおられます。これはとても良いことだと思います。

実際にインプラント治療を受ける前に、いくつかの医院に実際に相談に行ってセカンドオピニオンを得ることもお勧めです。

大阪府茨木市50代男性:右下奥歯を抜歯してインプラント2本埋入



大阪府茨木市50代男性の症例です。
右下奥歯を被せ物にしていましたが、歯がぐらぐらし出したためかかりつけの歯科を受診したところ歯根が割れてしまっており、やむなく抜歯となりました。

一番奥の歯を抜歯しておりますので、この場合はブリッジは出来ません。そのため抜歯後の治療は入れ歯かインプラントかの二択になります。大臼歯の場合は入れ歯で噛む力がかなり弱くなるため、しっかり噛めるようになる事を第一目標として、インプラントを選択されました。

ブリッジ、入れ歯、インプラントの噛む力の比較


一般的に、ブリッジでは健康な歯の80%程度しか噛む力が出ないとされています。部分入れ歯の場合は35%、総入れ歯の場合は健康な歯と比べて11%しか噛む力が出ません。

入れ歯の場合の噛む力がとても弱いので驚かれたのではないでしょうか。入れ歯で噛む力があまり出ないのは、ものを噛むときに主に歯ぐきが噛む力を支えることになるせいです。骨で支えるようにしないと、強く噛む力は出ないということです。

これらに比べるとインプラントは健康な歯と比べて遜色なく噛むことができます。
もちろん良く噛めるに越したことはないのですが、だからといって何が何でもインプラントをおすすめするわけではなく、患者さんの失った歯の場所や本数、他の歯の状態、骨の状態、全身の健康状態等を考慮して治療方法を選んでいくことになります。

抜歯すると歯根膜がなくなってしまう


食事中はずっと同じ力で噛んでいるわけではなく、食べ物の硬さや大きさによって無意識のうちに力を加える程度を調節していると思います。それでも「一口30回は噛みましょう」とよく言われるように、食べ物をしっかりとすりつぶして細かくして食べていれば、一回の食事で何百回も噛むことになりますので、歯にはかなりの負荷がかかっています。

健康な歯は食事のたびに何百回も噛むことに耐えうる構造になっていますが、入れ歯やブリッジですとそうはいきません。それは抜歯したことで、歯根膜がなくなってしまうからです。

歯根膜とは歯槽骨と歯根の間にある薄い膜のことをいいます。歯と骨をつないでいるだけでなく、食べ物の硬さを判断して噛む力を調整する役割があります。物を噛むたびに歯は強い力を受けますが、この歯根膜がクッションのようになって歯と骨を守ります。

一方、インプラントは歯根膜はありませんが、治療後のメンテナンスをしっかり行うことで健康な歯とほぼ同じ噛み心地を得ることができます。