大阪市天王寺区50代女性:上顎右側前歯にインプラント1本埋入



大阪市天王寺区50代女性の症例。
上の前歯を数年前に失い、そのままにしていたため歯を入れるにあたって、1本分のスペースがない状態でした。
そこで隣の歯を少し削る事で何とかスペースを作り、インプラントで治療するという治療計画をたてました。

歯を失った時に治療しないでいると歯列が崩れてきます


歯は隣の歯と押し合うことで歯列を維持しています。
歯と歯の間に野菜の薄皮1枚が挟まっただけでも、大変な違和感を感じてしまいます。
歯列はそれくらい敏感で精密なものなので、歯が1本なくなってしまったら歯列が崩れていってしまうことは、容易に想像出来ると思います。

歯を失った時に治療しないで放っておくと他の歯は開いたスペースめがけて移動してきます。抜けた部分の隣の歯が倒れてきたり、咬み合う相手の歯が伸びてきたり、押しあいをしていた歯の力のかかる方向が変わる事で、歯並びがでこぼこしてくる場合もあります。

こうして咬み合わせが崩れてくると、次は顎関節に負担がかかります。
更に、歯列がでこぼこしてくることで歯みがきのときの磨き残しが多くなり、虫歯や歯周病が進行する原因にもなります。

かなり動いてしまった歯を元の位置に戻すには矯正治療が必要になりますが、この患者さんの場合は何とか隣の歯をけずることで1本分のスペースが確保出来ましたので、インプラントを埋入することが可能になりました。

インプラントにおいても歯の咬み合わせはとても大切


歯を1本失ったスペースに他の歯がずれてきて、スペースが小さくなっているなら、やがてそのスペースには他の歯がぴったりはまるのでは?と思われるかもしれません。

しかし、それはかなり楽天的な予想に過ぎません。隣の歯がぴったりおさまるように移動させるためには矯正治療が必要になります。

実際に歯を失った部分のスペースを利用して出っ歯をひっこめたいという患者さんもおられますが、その場合、見た目はきれいな歯列になったとしても、咬み合わせが狂ってしまう場合があります。
今まで咬み合っていた奥歯の片方が、1本分場所を移動するとしたら、どうなるでしょうか? 相手の歯が1本ずつ横にずれることで、上手く噛めなくなってしまいます。

矯正治療でもインプラントでも、咬み合わせはとても大切です。しっかり噛めることは全身の健康に深く関わっているからです。

インプラント治療では特に良く噛めるようになりたいとおっしゃる患者さんが多いため、しっかりと咬合が回復出来るかという点には、治療の上でとても神経を使います。

当院では、患者さんが良く噛めるようになること、見た目がきれいであること、ながもちさせること等、色々な問題を解決していきます。
歯の事でお悩みの方は、ぜひ一度無料相談にお越しくださいね。
医院は大阪梅田、なんば、豊中、吹田、神戸三宮にございます。
今まで悩んでおられたことが解決出来て患者さんに喜んで頂けたら、私たちにとってこれほどうれしいことはありません。

大阪府茨木市60代男性:左下奥歯にインプラント2本埋入



大阪府茨木市60代男性の症例。
入れ歯が合わないので、インプラントでよく噛めるようになりたい、というご相談で来院されました。

一年前までは和歌山県にお住まいでした。左下の奥歯は5年ほど前になくされ、地元の歯医者さんで入れ歯を作ってもらいったそうです。
最初に作られたのは保険の入れ歯で、保険の入れ歯を使っている間は快適だったことはほとんどなく、何度も何度も歯科医院で入れ歯の調整を受け、その時は少し良くなった感じがするけれど、帰宅して食事をするとやはりがたつきや痛みが出てずっと困っていたとのお話でした。

保険治療には様々な問題があります。制度を維持していくためにコストを抑え、技術力も最小限で済むような診療になっています。入れ歯も保険で作成したものと自由診療で作成されたものでは、使っている素材が違うために入れた時のフィットする感じも全く異なります。

この患者さんは1年くらいは保険の入れ歯で我慢されていましたが、遂に我慢の限界になり、自由診療の入れ歯に変えたそうです。その入れ歯は以前のものに比べるとまあまあ良かったそうですが、2~3年に一度作り直す必要があり、かなりの金額がする割に耐久性の面で不満がありました。

そこで今回、インプラントをということになったそうです。
確かにしっかりと噛めるようになるには、インプラントがおすすめです。

患者さんがインプラント治療をするにあたってこだわったこと


この患者さんがインプラントに求めることは、以下の点です。

・良く噛めるようになること
・噛むときに痛みがないこと
・違和感を感じないこと
・食べ物の味や温度が感じられること
・発音が変にならないこと
・他人から見て変に見えないこと

これに追加するとしたら、歯列が美しく見えること、咬み合わせが回復されること、長持ちすること等があげられると思います。

これらの点は、インプラント治療で実現可能なものばかりです。
寧ろインプラントが得意とするところでもあります。

もう一つ、出来れば大阪府茨木市のご自宅から通いやすい歯科医院であることも忘れてはいけません。通院のたびに遠方から来て下さっている患者さんもおられますが、かなり体力や時間を使いますので、今後も長いおつきあいをさせていただくためには、近いに越したことはありません。

インプラントは高価だという点はデメリットだが、それを上回るメリットがある


インプラントは自由診療なので、価格面では高価なものになってしまいます。
しかし上記のポイントをすべてクリアしているとしたら、それは本当に不当なほど高価だといえるでしょうか? むしろ、デメリットを上回るメリットがあるのではないでしょうか。

通常でしたら、インプラントは高価であるというデメリットについて、患者さんとよく話し合わなければならないのですが、この患者さんはすでに答えを出しておられました。
ご相談の最初の時点で、既に「入れ歯が合わないので、インプラントでよく噛めるようになりたい」とおっしゃっておられたからです。

骨量も骨の高さも幅も申し分なく、増骨等の処置はせずにインプラント手術が可能でした。
手術が終わり、インプラントが骨と結合する間は入れ歯を使っていただきましたが、インプラントが完成してきれいなセラミックの上部構造が入った時には、本当に喜んでおられました。

現在は3カ月に1回のメンテナンスに来て頂いています。
違和感がないこと、自分の歯と見分けがつかないししっかり噛めることが嬉しいとおっしゃっておられます。
入れ歯で困っておられる方は、ぜひ一度ご相談にお越しください。初診カウンセリングは無料ですし、セカンドオピニオンの方も多く来られていますので、ご安心くださいね。

大阪府吹田市50代女性:左下奥歯にインプラント1本埋入



大阪府吹田市50代女性の症例です。
左下奥歯にインプラントを1本埋入しました。

抜歯してから3年程度経過しており、かかりつけ医の先生はそのままでも支障はないとおっしゃっておられたけれど、本当にそのままでも大丈夫か心配になり、当院に相談に来られました。

一番奥の歯を一本欠損した場合の治療の選択肢


治療の選択肢としては、①そのまま様子を見る②入れ歯で治療する③インプラントで治療するの3つになります。

かみ合わせに問題がなければ、一番奥の歯を抜歯した場合はそのままにしておく場合もあります。奥歯が連続して2本以上欠損している場合は、噛み合う相手の歯が伸びてくることがありますので、トラブルになる前に治療することが望ましいです。(①の場合)

一本の欠損のために入れ歯の取り外しや洗浄を毎日行わなければならず、面倒と感じるかもしれません。また、入れ歯を固定するためにバネをかける歯に負担がかかり、その結果歯がぐらつくことがあります。(②の場合)

欠損部分にインプラントを1本埋入すると、他の歯に負担をかけずに咬み合わせを回復させることが出来、しっかり噛めるようにもなります。ただし手術が必要で、費用も高額になります。(③の場合)

今回は患者さんがインプラント治療をしたいとおっしゃったため、インプラントの治療計画をたてて埋入手術をすることになりました。

患者さんお一人おひとりに最適の治療法を選びます


最近ではインプラント治療の可能な歯科医院が増えたことから、インプラント治療が一般的に認知されてきたように感じます。一方、入れ歯は敬遠される場合が多く、殆どの方が入れ歯よりもインプラントを希望されます。

しかし入れ歯もどんどん良いものが出てきて、自由診療になりますが、天然の歯やインプラントにマグネットで固定するものは人気が高いです。
心臓病や糖尿病、高血圧等の全身疾患のある方はインプラント治療が出来ませんので、入れ歯をお勧めすることになりますが、自由診療になってしまいますが、出来る限り違和感の少ないものを選んでおります。

当院では患者さんとよく話し合い、お一人おひとりにぴったりの治療法を常に選んでおりますので、お気軽にご相談くださいね。初診カウンセリングは無料となっており、セカンドオピニオンの方も多く来院されておりますので、相談だけでも受けてみませんか?

無料の相談ダイヤルもございますので、歯の治療で悩んでおられる方は、ぜひご利用くださいね。

大阪府八尾市50代女性:左右下顎の奥歯にインプラントを1本ずつ埋入



大阪府八尾市50代女性の症例です。
むし歯をかなり長い期間放置していたために、かなり奥の方まで虫歯が進行してしまっており、抜歯しなければならなくなりました。

左右に分かれているために、同時に治療を行うと全く噛めなくなってしまいます。
この場合は左と右の2回に分けて治療していきます。
左を治療している間は、右で噛んでいただき、左で噛めるようになった時点で右の治療に入ります。

むし歯で歯がもろくなっていたために抜歯は簡単に済みました。
その後の治療をどうするか、患者さんはかなり悩んでおられました。

以前は歯の事をあまり深刻に考えていなかったけれど、いざ2本も抜歯になってしまうと、今後は本当に歯を大切にしていきたいという気持ちが芽生えたからです。
ブリッジ、入れ歯、インプラントのそれぞれのメリット・デメリットのお話をさせていただき、患者さんの気持ちはインプラントに傾いていました。

インプラント治療の為には禁煙が必要


しかし患者さんがインプラント治療を受けるには、大きな問題がありました。
というのも、お若い頃からずっと喫煙されており、インプラント治療をするためには一時的に禁煙していただく必要があったからです。

喫煙される方は、インプラント本体と骨の結合に時間がかかり、うまく結合しない場合もあります。そのため一時的に禁煙していただくのですが、本当はインプラントを長持ちさせるためにはインプラント治療後もずっと禁煙していただくことが望ましいのです。

禁煙できるかどうか、患者さんは悩みに悩まれた結果、「やります!」と決心されました。
徐々に本数を減らすよりは、すっぱり禁煙した方が楽だろうということで、ご家族にも協力していただき、禁煙生活に入られました。

抜歯した部分の歯茎が治るまでの間は、歯のクリーニングのために来院していただき、歯みがき指導も受けて、熱心にご自宅での歯のメンテナンスにも取り組まれました。

その努力が実って、みごと禁煙に成功され、無事にインプラント手術を終えることが出来ました。
まず右側のインプラント治療を行い、そして次に左側と、大変長期にわたる治療になりましたが、ずっと禁煙を守られました。

インプラントの歯を守るために、もう一生タバコは要りません


右のインプラントにセラミックの被せがついた時に、その自然な感じに感動され、「インプラントの歯を絶対に守っていきたい。もう一生タバコは要りません」とおっしゃっておられました。

今後は歯周病にならないようにご自宅でのセルフケアもしっかり行っていかなくてはなりません。3か月に一度、来院してメンテナンスを受けていただくのですが、その際に日頃のセルフケアがきちんとできているかどうかがわかることをお話すると、「気を引き締めてがんばります!」とのことでした。

あまり力を入れ過ぎてもどうかと思いますので、歯みがきできちんと歯垢を落とせることが毎日の自然な習慣になることを目指していただきたいと思います。

大阪府高槻市40代女性:永久歯の先天性欠如によりインプラント1本埋入



大阪府高槻市40代女性の症例です。
生まれつき永久歯が一本足りない先天性欠如の方で、乳歯を出来るだけ長くもたそうと気をつけておられたのですが、30代のときに乳歯がグラグラしはじめて抜けてしまいました。

永久歯が生えてこないため、何らかの形で欠損部分を補わなくてはなりません。しかしなかなか歯医者に行けず、そのまま十年近く放置することになってしまい、今回相談のために来院されました。

被せている歯が多いのでブリッジではなくインプラントにしたい


小さい頃からむし歯が多かったそうで、かぶせ物や詰め物での治療を度々受けて来られたそうです。奥歯は殆ど治療済みの歯となっており、被せをしている歯が多くこれ以上歯を削りたくないとのことで、ブリッジにはしたくないとおっしゃいました。

確かにブリッジにすると、両隣の歯を削らなくてはなりません。それもかなり大きく削ることになります。
歯を削りたくないという理由で、ブリッジではなくインプラントを選ぶ患者さんが多くおられるのですが、この患者さんも同じ理由でインプラントを検討することになりました。

幸い骨はしっかりとしており、幅も高さもインプラントを埋め込むのに十分でした。

インプラント手術は怖くないし痛くもなくて驚いた


インプラントは初めてなので少し不安はあるとおっしゃっていましたが、「何本も埋め込むわけではなく、今回は一本だけなので大丈夫です!」とご自身が強い言葉でおっしゃったので、私たちも安心しました。

持病もなく喫煙もされない方なので、特に問題なく治療計画の通りにインプラント手術が進みました。
手術はかなり早いペースで終わり、患者さんご本人も驚いておられました。
実際にインプラント手術を受けてみて、全く怖くないし痛くもないのにびっくりされたそうです。

1本だけの埋入のときには、この患者さんのように手術があっという間に終わって驚かれる方も多いです。本数が増えたり、増骨の処置をする場合にはもう少し時間がかかりますが、1本なら殆ど心配ありません。

どうしても怖くてたまらない方には、インプラントの本数が少ない場合には笑気麻酔を、本数がやや多めの場合には静脈内鎮静法という点滴での麻酔を使います。
事前に患者さんとしっかり話し合って決めていきますので、ご安心ください。

歯を失くされた方で、その後どうしようか悩んでおられる方は、ぜひご相談にお越しください。現時点でどのような治療が可能か知るだけでも大きな進歩だと思います。
当院では無料で初診カウンセリングを行っておりますので、お気軽にご予約くださいね。