大阪府枚方市30代男性:左上前歯にインプラント1本埋入



大阪府枚方市の30代男性の症例。
先天性欠損があり、乳歯が抜けた後に永久歯が生えてきませんでした。
そのため、インプラントを埋入して欠損部分を補いました。

前歯に先天性欠損がある場合のインプラント


前歯付近に先天性の欠損がある場合、乳歯が抜けたあとは歯と歯の間に隙間が出来てしまい、歯が左右対称ではなくなってしまいます。見た目の問題もあり、患者さんはとても気にされていました。
このような場合には、隙間の大きさによってインプラント治療、矯正治療が行われます。
インプラントを埋入するだけの隙間がない場合は、先に矯正治療によってインプラントを埋め込むスペースを確保し、それからインプラント埋入手術を行います。

いずれにしても自然に見える美しい歯を再現しなければなりません。そのためにはCT撮影や模型を利用してまずシミュレーションが行われます。

ここ数年、柔らかい食べ物が好まれるようになった影響か、顎の小さいお子さんが多くなってきました。顎が小さいために歯が並びきらなくて歯が重なって生えてきた場合には、顎を大きくしながら歯列を整えていくような矯正治療を行わなければなりません。

そして顎が小さいお子さんが増えたと同時に、先天性欠損歯のあるお子さんも増加の傾向にあります。通常では乳歯が生え替わって永久歯に割りますが、先天性欠損歯があると、乳歯のあとに永久歯が生えてきません。そのため大人になっても乳歯が残っている場合が多く、なるべく長く乳歯を使うように歯のケアに気を付けることになります。

乳歯を大切にしていても二十歳前後で抜けてしまうことが多く、その場合には歯が欠損している部分にインプラントを埋め込む治療を受ける方が増えてきています。
インプラントは歯周病にさえかからなければかなり長持ちするとはいえ、二十代の患者さんが一生使えるかどうかは、まだ臨床での結果が出ていません。

長い人生の間に数回はインプラントのかぶせ物を取り変えなければならないということが予想されますが、それでもインプラントで作った義歯を快適に使い続けることは十分可能だと考えます。

インプラントは何本必要か?


よくいただくご質問に3本連続して歯がない場合に、インプラントは何本埋め込む必要がありますか、というものがあります。

一般的には、インプラント治療では、1本の歯に対して1本のインプラントを埋入するのが通常の治療です。2本の歯を失った場合には2本のインプラントを埋入します。
連続して3本以上の歯を失っている場合は、こうしなければならないという決まりのようなものはなく、3本のインプラントを埋入することもありますが、インプラントを並べて埴立したときに、歯や歯ぐきの高さを揃えることが難しいという問題があり、2本のインプラントを埋入してブリッジを作ることもあります。

しかしインプラントが何本必要かは、失った歯の場所や本数、そして患者さんの骨の状態によっても変化します。お一人で悩んでいても解決はしないと思いますので、インプラントの専門院で一度検査して、実際に何本必要かを診てもらってはいかがでしょうか。
当院では無料で初診相談を行っておりますので、すぐにインプラント手術を受けるわけではないけれど、選択肢の一つとして考えておられる方はぜひご利用ください。

大阪府藤井寺市60代男性:全顎をインプラントで治療し咬合を回復しました



大阪府藤井寺市60代男性の症例です。
重度の歯周病のため、既に多くの歯を失っておられ、残っている歯もグラグラしていました。
インプラントで歯を作って以前の健康な歯が合った状態に戻したいとのご希望で、治療計画を作成しました。

重度の歯周病患者さんの場合のインプラント治療について


インプラントは顎骨にチタン製の人工歯根を埋め込んで、その上に義歯を被せます。
歯が抜けてしまう程の重度の歯周病の患者さんは、既に顎骨が歯周病菌によって溶かされていってますので、骨と結合させなければならないインプラントとは大変相性が悪いといえます。

歯周病にかかった状態のままでは、せっかくインプラントを埋め込んでも、その部分が歯周病菌に感染してしまい、やがて顎骨が溶けていってインプラントを支えきれずに抜けてしまうということになりかねません。

この場合、まず第一にしなければならないことは歯周病の改善です。そのためには歯科衛生士による歯のクリーニングを受けていただくことから始まります。
ご自分では取ることの出来ないバイオフィルムを徹底的に取ることで、歯ぐきから細菌が減り、次第に歯ぐきが引き締まっていきます。
インプラント手術を行うのは、歯ぐきの状態を良くしてからということになります。
歯周病の治療は歯科衛生士による歯のクリーニングが中心になりますが、ご自身でのセルフケアもしっかり行っていただかなければなりません。

インプラント手術後は周囲炎を防ぐことが大切


インプラントを長持ちさせるためには、インプラント埋入後も歯周病の予防はずっと続ける必要があります。
天然の歯の場合は歯周病と呼びますが、インプラントが歯周病菌に冒された場合はインプラント周囲炎という呼び方になります。

インプラントのお手入れは、天然の歯と同じように毎日ていねいにブラッシングして歯垢や食べカスを取り除きます。歯と歯の間にフロスを使っていただくと、歯みがきでは取れない汚れも取れますので、更にきれいになります。

そのうえで、歯科医院で約3ヵ月に一度の定期検診を受けていただきます。もしバイオフィルムが出来ていたら歯みがきでは取り除くことが出来ません。そのため、インプラントを長持ちさせるためには治療後のメンテナンスは必須です。

インプラント手術をするには骨が足りない場合はどうするか?


歯周病で顎の骨が溶かされて減ってしまっている状態では、インプラントを埋め込むだけの骨の高さや幅が足りない場合があります。そんな時には、骨を増やすための処置を行い、十分な骨が出来てからインプラント埋入手術を行います。
インプラント埋入と同時に骨補填剤という骨を人工的に作る薬を歯ぐきに入れる場合もあります。
増骨の処置は術後に腫れを伴う場合が多いのですが、数日でおさまりますので ご安心ください。


大阪市北区40代女性:左右の下顎奥歯にインプラントを1本ずつ埋入



大阪市北区40代女性の症例です。
左右の奥歯のむし歯が悪くなり、かかりつけ医の先生から抜歯しなければならないと言われ、当院に相談に来られました。

当院での診察でも、抜歯は避けられないということになり、抜歯後の治療について考えていくことになりました。

抜歯後の治療の選択肢は、ブリッジ、入れ歯、インプラントの3種類ということになります。どの治療方法が最適かは、患者さんの歯や骨の状態、抜けた歯の位置等によって変わります。

奥歯はしっかりと噛めることが重要なのでインプラントがお勧め


失った歯の位置により、求められる機能が違ってきます。前歯でしたら、何といっても一番に目立つのでキレイに治したいというのが一番の目的になるのではないでしょうか。
そして、奥歯の場合は何でもしっかり噛めるようになりたいということが一番の目的になると思います。

入れ歯では噛む力が出にくく、天然の歯の30%から40%くらいと言われています。ブリッジもインプラントに比べると噛む力が劣り、約60%。インプラントは天然の歯とほぼ同じくらいの力で噛めますので、よく噛めると言えます。

ずっと入れ歯を使っておられて、うまく噛めないためにインプラントにしたいとおっしゃる方もおられます。
この患者さんのケースでは、左右共に奥歯ですので、インプラントでしっかり噛めるように治しましょうということになりました。

インプラントの治療期間はどのくらい?


よくご質問をいただく内容に、インプラントの治療期間はどのくらいかかりますか、というのがあります。
みなさん、治療期間に関してはとても気になるようです。
ちなみに、一番多いご質問は治療費についてです。これもインプラント治療を受けるにあたって大変大きな問題ですよね。

さて、インプラントの埋入手術後、インプラントが骨としっかり結合するまでは数か月待つ必要があります。インプラントの治療期間が長いといわれるのは、インプラントと骨が結合して、強い力をかけてもびくともしない人工歯根を作る期間が必要だからです。
上顎の場合は一般的に3ヶ月程度、下顎の場合は2ヶ月程度かかります。

骨の高さや幅が足りない場合は増骨の処置を行いますので、骨が出来るまで半年程度かかります。
また、抜歯してからインプラント手術を行うまでの期間も6週間程度はかかりますので、インプラント治療はかなりの長期戦となります。

しかしインプラントと骨が結合して上部構造が入る時には、本当に良く噛める綺麗な歯であることに感動される方も多いので、楽しみにお待ちいただけると思います。
当院は近隣の患者さんだけでなく、他府県からも患者さんが通って来て下さいます。
インプラント治療の経験豊富な医師が大勢在籍しておりますので、ご安心くださいね。

大阪府豊中市50代女性:左右の下顎にインプラントを合計3本埋入



大阪府豊中市50代女性の症例です。
左右の下顎にインプラントを合計3本埋入しました。

体験談をいただいていますのでご紹介します。

高血圧で怖がりでもインプラントが出来た


インプラントのことは健康雑誌で見かけたことがあるものの、それがどういうものかは全く知りませんでした。歯科治療の中でもかなり特別な治療だと感じましたので、自分自身の身に置き換えて考えることもなく、雑誌の記事は素通りしてしまったようでした。

左右の奥歯のことでご相談にうかがった時に、入れ歯では良く噛めないし、入れると違和感で気持ち悪くなるといったことを切々とお話しました。本当に困っていたのです。
先生は明快にインプラントが良いでしょうとおっしゃいました。
そして手術が必要になること、治療費が高額であること等の説明を受けました。

説明を聞いて、ぜひインプラントにしたいと思ったのですが、実は私は日頃は別に高血圧ではないものの、何か気になることがあったり緊張したり不安やストレスを感じたりすると、血圧が上がってフラフラします。そのせいで大みそかの日に救急車で運ばれたことがあったくらいです。

歯科治療も例外ではなく、歯のクリーニングでさえ診療チェアに座っただけで緊張してドキドキが始まります。リラックスできるようにスタッフの方が声をかけてくださるのですが、胸はドキドキ、冷汗でびっしょりになるのです。

そんな私ですので、インプラントなんて絶対に無理だと思っていました。それを正直に先生に申し上げると、先生は「静脈内鎮静法といって、眠っている間に手術を受けられる点滴麻酔の方法があります」とおっしゃいました。
私は「それをぜひお願いいたします!」と即座に決めていました。

それから検査をして、インプラントを右下に1本、左下に2本入れることになりました。
長年入れ歯で噛めなくて苦労してきましたし、静脈内鎮静法を使って頂けるので、手術が怖いという気持ちはあまりなく、ただ手術が終わって立派な歯が入る日が楽しみでした。

全てを先生にお任せする気持ちでいましたので、手術当日も血圧が上がることなく、普通のコンディションでした。そして、手術は本当に楽でした。ぐっすりと眠り込むというよりは居眠りをしているような感じで、ぼーっとしている間に全て終わって、顎の骨の中の所定に位置にインプラントが埋まっていました。

あとは骨とインプラントがしっかりくっつくのを待つだけで、私は本当に自分は何もすることなく、インプラントという高度な治療を受けることが出来たのです。
最初に説明でお聞きしていた通り、セラミックの歯をインプラントに取り付けてからは何でも力を入れてバリバリ噛めるので、幸せです。

ただし、歯周病には気をつけなければならないと聞いています。毎日自分で丁寧に歯みがきをして、3か月ごとにメンテナンスを受けに歯科医院に通います。
手術で入れていただいた歯を大切に使っていきたいです。
(体験談ここまで)

静脈内鎮静法は点滴による麻酔です。費用は少しかかりますが、怖がりの方も、通常の治療では緊張して気分が悪くなられる方も、安心して手術を受けていただくことが可能になります。
インプラント手術の際に静脈内鎮静法をご希望の場合は、担当医までお申し出下さいね。

大阪市平野区60代男性:左上奥歯にインプラント3本埋入



大阪市平野区60代男性の症例です。
左上の奥歯にインプラントを3本埋入して治療しました。

かかりつけの医院で、上の奥歯はインプラントが出来ないため入れ歯になると言われたそうです。言われるままに入れ歯を作ったが、どうしても違和感があって毎日が億劫なので本当にインプラントが出来ないのか、他に良い方法がないのか相談したいとのことで来院されました。

上顎奥歯にもインプラントは可能です


上の奥歯にはインプラントが出来ないとの診断を受けられたそうですが、上顎の奥歯にインプラントが出来ない可能性は低いです。
上顎の奥歯の部分には上顎洞とよばれる大きな空洞がありますので、インプラントを埋入するとインプラントが上顎洞へ突き抜けてしまうということで、出来ないとおっしゃったのかもしれません。

しかし、そのような場合は上顎の骨の高さや幅が足りない場合にはサイナスリフトという上顎洞の骨を造る処置がありますので、サイナスリフトを受けていただければ殆どの方がインプラント可能になります。

サイナスリフトの処置は高度な医療技術で、熟練した歯科医師から受ける必要があります。痛みはさほどでもないのですが数日間の腫れが続きます。しかし処置自体は20年以上前から行われており、確立された方法ですのでご安心ください。

インプラントは何才から何才まで可能?


インプラント手術を受けるには年齢制限がありますか、というご質問を時々いただきますので、そのご質問にお答えいたします。

若い方ですと、歯の萌出や成長がとまった時点でインプラント手術は可能になります。
しかしあまり若いと後に被せ物を作りかえる必要が出たり、骨が吸収しやすいという報告もあります。

40代の方が40年程度インプラントを使われるのと、20代の方が60年もインプラントを使うにはかなり状況が違います。世界的に40年程度の症例はあるのですが、60年はまだ誰も経験しておりません。

しかし、インプラントで咬合を回復させ、何でも噛めるようになった時の快適さは入れ歯やブリッジでは代えがたいものがあります。若い頃に入れたインプラントを何十年か後にやり直すことになったとしても、インプラントで何十年もしっかり噛めるという体験は貴重なものだと考えます。

さて、逆に高齢者の方へのインプラント手術について述べますと、高齢者だからといってインプラントの失敗が増えるわけではありません。80代でインプラントをされた方もおられるそうですし、ご本人の希望があり、全身疾患のない方であれば、80代の方でも増骨やインプラント手術は受けられます。
患者さんにしっかりと噛んで食べられるようになっていただくために、インプラント医療に関わる医師、スタッフ全てが研鑽を重ねています。