歯ぐきを切らずにインプラントを埋める方法

illust2157_thumb

梅田、なんば、吹田、豊中にある北大阪インプラントセンターです。

歯ぐきを切らずに埋め込む方法についてご説明させていただきます。
フラップレス(切らない)という意味合いの方法です。
「メスで切らない」「痛くないインプラント」などとネット上で宣伝されています。

インプラントの手術では、通常歯ぐきを切開し、骨の状態を見ながらドリルで穴をあけるのが一般的です。
これに対し、フラップレスは、特殊な器具で小さな穴をあけ、そこにドリルを当てて穴をあけていく方法です。
ノーベルガイドやステントを作成する方法もフラップレスで、事前にCTを撮って診断し
装置を作成した後にドリルの穴を開けます。

患者さんの負担が小さくなるのは悪い事ではありませんが、慎重に考えないといけません。
CT検査で骨の幅や高さは詳しく分かりますが、歯肉を切開して肉眼で見ないと分からない事も多くあります。
骨の硬さについても、ドリルで削ってみないと分からないです。

楽な手術に主眼を置くあまり、長年にわたり快適な結果を提供するという本来の目的が
おざなりにされる可能性もあります。
メリット・デメリットを踏まえた上で進めなければなりません。
担当の歯科医に相談し、患者さんにとってベストな方法を選択していきましょう。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする