第三の歯

 インプラントを利用した歯科治療は、乳歯、永久歯の二種類しかなかった人間の歯に、第三の歯をもたらしたとも言える画期的な治療法と言えます。

 しかし、インプラントも万能ではありません。インプラント治療では歯槽骨という歯の根っこを支えている骨にチタンやハイドロキシアパタイトでできた人工歯根を埋め込み、その上に義歯を取り付けることになるのですが、歯槽膿漏などの症状が進行していると、歯槽骨が痩せてきて、インプラントを行うのに充分な厚みがのこされていないこともあります。

 また元々は健康な歯槽骨を持っていても、歯が抜けてからしばらく放置してしまうと、歯槽骨の吸収が進んでしまうため、やはりインプラントを行うのに支障が出ることもあります。

 このような場合に用いられる手法がGBR法と呼ばれる手術です。GBR法というのは、簡単にいえば、骨を再生する技術のことで、足りない歯槽骨を再生する方法です。

 骨というのは日々生まれ変わり続けているので、足りない部分に自家骨(自分の骨)をくっつけるようにのせてやると、その部分を補うように骨が再生していくことになります。
 インプラントを行うのに歯槽骨が足りない場合、同時に、あるいは事前にGBR法による骨の補充を行うことで、可能になる場合があるということなのですね。

インプラントに関するご相談は、北大阪インプラントセンターへどうぞ。専任のカウンセラーが、あなたのお悩みや疑問に丁寧にお答えします。