面白いニュース

 歯科に関して、面白いニュースを見たのでご紹介します。

 よく、針供養って言葉を聞くと思います。普段、分厚い布など何度も何度も突き刺されることを繰り返し、とうとう折れてしまった裁縫用の針を、最後くらいは柔らかい物に刺して労をねぎらってやろうということで、豆腐とかこんにゃくなどに刺して供養するという行事ですね。

 それと同じように、歯の治療の際に抜歯された歯を供養するという「歯供養」なるものが香川県で行われたんだそうです。
 歯供養では、祭壇に50本くらいの歯が並べられ、献花が行われたんだとか。参列者は歯科医師、歯科技工士、歯科衛生士など、歯の健康に関わる職業の方々だったとのこと。

 抜けた歯の供養というと、子供の頃に乳歯が抜けると「ねずみの歯と換えとくれ♪」なんて言いながら、下の歯なら屋根の上に向かって投げたり、上の歯なら縁の下に投げ込んだりしたものですが、今ではそういうこともなくなってきてるんでしょうかね。地方によっても違うのかな?

 それにしても、人間の歯も一度限りじゃなくて、何度も生え変わってくれれば、ずっと健康な自分の歯のままで人生を過ごせるのになー、と思ったりしますよね。そういう動物もいっぱいいるのに、なんとなく不便な感じがしちゃう今日この頃です。

抜けた歯をそのままにしておくと、両端の歯が倒れてくる等の不具合が出てきます。歯を抜いたあとの治療についての相談は、北大阪インプラントセンターへどうぞ。専任のカウンセラーが、あなたのお悩みや疑問に丁寧にお答えします。

  • 投稿日時:2011年03月25日
  • 記事分類:歯科