歯磨きで歯が痛くなる

歯磨きで歯が痛くなる場合に、知覚過敏ということがあります。知覚過敏の痛みは、虫歯のときの痛みとは違って、エナメル質が薄くなって象牙質に刺激が伝わることによって、キーンという感じの痛みがでます。歯磨きを強くしすぎていることも、知覚過敏の原因となりますので、力任せにゴシゴシ擦らないように、注意が必要ですね。

虫歯になりたくないので、歯を隅々まできれいにするために、つい必要以上に力を入れて磨いてしまっているかもしれませんが、適度な力で磨かないと、歯が擦り減ったり歯の根っこがでてしまい、刺激が伝わってしまいます。あまり硬い歯ブラシを使わないことや、知覚過敏用の歯みがき粉を使うことでも症状が改善されますので、ドラッグストアで色々な商品を手にとって、注意書きなどを良く見て購入しましょう。

歯科医院でも、歯ブラシや歯磨き粉を扱っていますので、かかりつけの歯医者さんに相談されても良いと思います。歯の検診のついでに、歯科衛生士さんに正しい歯磨きの仕方を指導をしてもらいましょう。

【虫歯で歯を失った方へ、インプラントのご紹介】
大阪でインプラントをお考えなら、北大阪インプラントセンターへご相談ください。専任のカウンセラーが無料電話相談を行っています。来院されての初診カウンセリングも無料です。