抜いた自分の歯で自分の歯を治す

 抜歯した自分の歯の歯冠部分を治療に利用する取り組みが広島大病院を中心に始まったそうです。歯冠とは歯肉から出ている歯の部分を言います。治療する箇所の型を取り、それに合うように成形します。滅菌をした後、歯科用の接着剤で取り付けます。

 現在使われているレジンなどの樹脂やセラミックもどんどん進歩はしていますが、自分の歯の治療に自分の歯を使えるということは機能面でも見た目もより違和感が少なくすみそうです。親知らずは歯自体は健康でも抜かなければならないことが多いので再び自分の歯として利用できるというのはいいですね。歯は一度失うと再生することはないので、こういった治療法がいろいろ出てくると治療の幅も広がります。

 なるべく自分の歯を長く健康に保つために努力も必要です。「歯医者に行くのが苦手だ」「行くのが面倒くさい」という方も多いと思いますが、症状が重症化する前に治療できるように定期的に検診に行くことがとても大切です。虫歯も初期のものであれば治療も楽です。継続してメンテナンスをしてもらうことで口の中をいい状態に保つことができます。

 歯を失った方のご相談は大阪のインプラント専門医院の北大阪インプラントセンターへどうぞ。無料のインプラント初診カウンセリングでは、専門医があなたの場合の治療方法、治療期間、治療費について詳しくご説明します。