一般的な治療の流れ

 一般的なインプラント治療の流れについてご説明します。
 まずカウンセリングです。患者さんは自分の現在の状態を相談したり、医院からインプラント治療に関する説明や費用などの説明があります。またレントゲン撮影などの検査も行います。
 次に精密検査を行います。CTを撮影して骨の状態などをしっかり検査します。CT撮影は3D画像を撮影できるので細かな状態がわかり、治療計画を立てるために重要な検査です。
 次に一次手術です。この手術ではインプラント体を顎の骨に埋める手術です。手術と聞くと不安になりますが、麻酔にかかっていますし、数時間で終了するので入院も必要ありません。
 手術後1~2週間で抜糸をし、その後骨とインプラント体が結合するのを待つ期間で3~6ヶ月ほどです。HAインプラントを使用する場合は骨とインプラント体が結合した後二次手術を行います。二次手術ではインプラント体の上の部分を歯ぐきから出してアバットメントを取り付けます。チタンインプラントを使用する場合には二次手術はありません。
 その後上部構造という人工の歯の部分を製作し、装着します。
 ここでインプラント治療としてはいったん終了となり、今後は定期的に健診・メンテナンスを受けることになります。インプラントは長持ちさせるためにも術後のメンテナンスが重要です。メンテナンスの内容はPMTC、ブラッシング指導などです。
 ご質問・お問合せは北 大阪インプラントセンターの無料電話相談までお気軽にどうぞ。