私大歯学部定員割れ

 私大歯学部の入学志願者が定員割れしていて、歯科医過剰のイメージも関係しているようです。
Text: 私立の歯学部の入学志願者が2007年度までは1万人を超えていましたが2010年度には5000人弱に落ち込んでしまっているそうです。
 歯医者はコンビニよりも多いという話を聞くことがあります。そういったイメージもあり歯科医を目指す人が減ったのでしょうか。不況の影響などもあるのでしょう。
 いくら現在たくさんの歯医者がいても、新しい歯科医は必要です。年をとってくれば細かい作業の多い歯科治療では難しくなってくることも多いのではないかと思います。
 インプラントを大阪でするなら北大阪インプラントセンターにご相談ください。無料の初診インプラント相談を行っておりますので、お気軽にご利用くださいね。インプラントなどの新しい技術も日々出てきているので、様々な知識を勉強して私たちの健康づくりに役立ててもらえると嬉しいですね。歯医者が過剰にあるというイメージだけであきらめてしまうのではなく、新しい技術を勉強した歯科医のみなさんに期待したいです。