医療費控除

 インプラントは、抜けた歯の代わりに、顎の骨に人工歯根を埋め込む治療法ですが、保険治療対象外で、自費治療になります。そのため、保険のきく治療に比べると高額になり、1本あたり20~30万円かかるのですが、1年間に10万円以上200万円以内の医療費を支払った場合、医療費控除を受けることができるため、人によってはかなりの額の還付を受け取ることができます。
 インプラント治療をなさる方は、この医療費控除のタイミングも考えて、治療費の支払いをいつにするのか決められると良いと思います。そして、確定申告で還付請求をする際には、領収書が必要になりますので、必ず保管しておいてください。バスやタクシーなど、通院時に交通機関に支払った費用も、医療費控除の対象です。レシートはなくさないように、こまめに整理しておきましょう。
 インプラントは、入れ歯やブリッジとは異なり、顎の骨にチタンで出来たインプラントを埋め込み、その上に義歯を取り付けるもので、まるで自分の歯のように、何でも噛めます。きちんと毎日の歯磨きをし、定期的に歯科で検診を受けることで、歯周病予防をしておくと、インプラントは半永久的と言ってもいいくらい長持ちします。