インプラントの欠損様式に対する考え方

 奥歯が1本抜けた場合、他の歯がありますので噛むのが不自由だと感じることは少ないかもしれません。しかしそのまま放っておくと、様々な問題が出てきます。対合する歯、つまり下の歯が抜けた場合、噛み合わせの相手になる上の歯が伸びてきてしまうのです。そうなると対合する歯を削るか、もしくは抜歯しなければならなくなります。以下はインプラントの欠損様式に対する考え方についての記事からの抜粋です。

【各種典型的な欠損様式に対する 補綴処置・選択理由と処置内容】
考え方
 インプラントの信頼性は,年を追うごとに高まってきているように思われる.その最大の理由は,強力なフィクスチャーと,チタン表面の生体親和性,およびプラークが付着しにくいという特性であろう.しかし,天然歯と混在した場合の咬合の与え方,上部構造をスクリューで固定することに起因するメインテナンス上の問題点など,対処法が確立されていない部分も多い.
 このような現状において,インプラントを選択するか,部分床義歯を選択するかのディシジョンメイキングにあたっては,いくつかの要素が考えられる.

 奥歯から2本連続で歯を失ったとします。この場合は2本のインプラントが必要になります。下顎ではインプラントが可能なケースが多いですが、上顎では不可能な場合もあります。インプラントの技術はどんどん進んできていますので、以前は不可能と思われたケースも、可能になる場合がありますので、歯科医院で相談してみて下さいね。北 大阪インプラントセンターでは無料でインプラントの初診相談を行っています。あなたの場合の治療方法、治療費、治療期間等を詳しくお話いたします。