女の人の歯の健康

 そういえばうちの義母は、かなり若い頃から入れ歯をしているそうです。

なんでも30代の頃からなんだとか。

 女の人というのは、妊娠、出産を通じて子どもに栄養をとられる影響からか、
一人産むごとに歯がもろくなったり、抜けたりするんだそうですね。

かくいう私も出産ごとに歯を悪くしてます。

義母の場合もそうらしく、その結果が30代での入れ歯なんだそうです。

 私のイメージでは入れ歯っていうと
70代、80代のおじいちゃん、おばあちゃんという感じがありましたが、
よく考えれば50代くらいでは珍しくないですよね、たぶん。

 実際、何歳ぐらいから入れ歯をするもんなのかな、と思って調べてみましたら、
20代でも入れ歯とかいう人も少なからずいるみたいです
(インターネットの掲示板などで書き込みがありました)。

中には総入れ歯という人もいるみたいですよ。

 入れ歯って老人のものっていう感覚は共通しているのか、
やっぱりその人もかなり抵抗があったみたいですけど、
入れ歯を入れておかないと歯並びがメチャクチャになってしまうので、
最終的には抜歯して入れ歯を作るということでお医者さんの意見に従ったみたいです。

 でも、やっぱり自分の歯が一番ですよね。

私も入れ歯にならないようにできるだけ歯を大切にしようと思っています。

大阪でインプラントをお考えの方は、北大阪インプラントセンターへ一度ご相談ください。専任のカウンセラーが、あなたのお悩みや疑問に丁寧にお答えします。

  • 投稿日時:2011年01月17日
  • 記事分類:歯周病