食べ物で虫歯予防

 歯医者さんのお世話にならないで済むように、
普段から歯磨きを心がけていても、
数年に一度は虫歯で歯が痛くなっちゃう人もいますし、
逆にあんまり歯磨きを熱心にしていない人でも
虫歯と無縁の生活を送っていることもあります。

この違いって何なんでしょうね。

 ひとつの原因として、食べ物が違うということがあるのかも知れませんよね。

昔からチョコレートとか飴を食べると虫歯になるよ、と言われましたよね。
チョコレートは歯にくっつきやすく、飴は長時間、
糖分が口腔内に存在し続けることから、
やはり虫歯になりやすい環境にはなってしまうようです。

 逆に虫歯を予防する食べ物というのもありますよね。

よく言われるのがキシリトールを甘味料として利用したガムなどです。

キシリトールというのは、砂糖などと違い、虫歯の原因にならずに
甘味を感じることのできる成分なのだそうです。

しかも虫歯菌は他の糖分と同じように働くため、
虫歯菌の活動自体を阻害することができるんだとか。

虫歯菌が疲れちゃうんでしょうかね。

 あと、りんごなんかも殺菌効果があるので、
食後にりんごを食べると虫歯を防ぐことができるみたいですよ。

今の季節、特にりんごはおいしいので、
デザートに心がけてリンゴを食べるのもオススメかもしれません。

大阪でインプラントをお考えの方は、北大阪インプラントセンターへ一度ご相談ください。専任のカウンセラーが、あなたのお悩みや疑問に丁寧にお答えします。

  • 投稿日時:2011年01月24日
  • 記事分類:歯科