虫歯菌を殺菌できるのか?

 虫歯って、確実に防ぐ方法もないし、
毎日の歯磨きをするぐらいしか予防方法ってないですよね。

でも、虫歯の原因は虫歯菌(ミュータンス)にあるというのは
随分と昔から分かっているのだから、口の中にいる虫歯菌を殺菌しちゃえば、
虫歯にならないんじゃないかなぁ、と思ったことありませんか?

これだけ殺菌効果、除菌効果のあるアイテムが氾濫している現代ですから、
医療用の虫歯菌除菌薬なんかはとっくに開発されててもおかしくないのになぁ、と
思って調べてみました。

 すると、かなり以前に口腔内を殺菌するような実験も行われたらしいですが、
その結果として得られたのは真っ白に輝く健康な歯ではなく、
歯の表面が真っ黒になってしまうという悲惨なものだったのだとか。

虫歯菌だけでなく、さまざまな体にとって
必要な菌もなくなってしまったことによる弊害なのでしょうかね。

 ただ、現在では虫歯菌だけを殺菌する(溶かしてしまう)技術も
開発されているそうで、広島のツーセルというベンチャー企業が
歯磨き粉やガムなどのかたちで2013年の商品化を目指して頑張っているみたいですよ。

 でも虫歯菌も口腔内の常在菌のひとつなので、
全くなくなってしまうとそれはそれで問題が起こるのではないかという指摘もあるみたいです。

食べかすが残っていて、それが虫歯菌で分解されなくなったかわりに、
仮に口の中で腐敗するようなことになれば、余計に口臭がひどくなったり、
健康に被害が出たりしそうですもんね。

インプラントに関するご相談は、北大阪インプラントセンターへどうぞ。専任のカウンセラーが、あなたのお悩みや疑問に丁寧にお答えします。

  • 投稿日時:2011年01月24日
  • 記事分類:歯科