歯を抜いたまま放置したらどうなる?

上下の奥歯を失ったあと、長期間そのまま治療せずに放置してしまうと、咬み合わせが悪くなります。

上の歯は下の歯肉を、そして下の歯は上の歯ぐきに咬み合うようになってしまいます。横から見ると、上の歯が下の歯の裏側に隠れてしまうような状態になることも、珍しくありません。

このような状態になってからの治療は、インプラントを埋め込むだけでは解決しません。歯周病の治療や、残っている天然歯の治療といった包括的な歯科治療が必要になるばかりでなく、かなり長期にわたる治療とメンテナンスが必要になります。

ある方は、抜歯と同時に、奥歯にインプラントを埋入しました。その結果、正しい噛み合わせが失われることなく、咬み合わせの高さも適切な状態のままで、その結果、前歯などの他の歯の噛み合わせも、ずれずに済みました。

このように、咬み合わせということで考えると、インプラントとは、歯を失った部分の見栄えを良くするだけにとどまらず、正しい咬み合わせの状態を維持するための治療と言えるでしょう。歯が抜け落ちた状態で放置してしまうと、やがて必ず咬み合わせや歯並びに変化が生じてきます。

つまり、歯を失うということは、その部分の歯がなくなるというだけでなく、上下の歯全体に影響を及ぼす重大なことなのです。そのため、抜歯しなければならなくなった時には、出来るだけ速やかになくなった歯の部分への治療をされることをお勧めいたします。

歯のことでお悩みやご質問がありましたら、北大阪インプラントセンターの無料電話相談をご利用ください。カウンセラーがお一人おひとりのお悩みやご質問にお答えします。お気軽にお電話下さいね。