保険適用外の理由

インプラントは保険適用外の治療です。

保険治療は原則として日常生活に支障をきたすような症状があるときに行う最低限の治療に適用されますので、高度な治療には適用されません。

歯が抜けてしまったときに、ブリッジや入れ歯という、保険のきく治療法があるために、インプラントは必ずしも必要な治療ではないとされているのです。

インプラント治療が、ブリッジや入れ歯に比べて優れていることは、一般の方にも広く浸透してきました。しかし、保険がきかないということが、インプラント治療を躊躇する大きな理由になっています。

インプラントがブリッジや入れ歯と比べて良い点は、天然の歯と殆ど変らない自然な噛み心地と、見た目の美しさにあります。それに加えて、ブリッジや入れ歯のように、隣の健康な歯を削ったりいためたりすることがありませんので、歯全体の健康のためにも優れています。

北大阪インプラントセンターでは、無料でインプラントの初診相談を行っています。専門医があなたの場合の治療方法や治療期間、気になる治療費についても詳しくお話しますので、インプラントをしようか迷っておられる方は、ぜひ専門医の話をきいてみてくださいね。