最初は不安だったけれど手術して良かった

今日も、患者さんからお聞きしたことを掲載します。

この方は、68歳の男性の方で、ずっと入れ歯を使っておられました。

入れ歯を使ったことのない方はご存じないかもしれませんが、入れ歯は食事の度に洗うのが基本です。

そして、場所にとっては何かのはずみで急に外れてしまうこともあります。

この方は、そういう経験を何度もされて、「外れない入れ歯はないのか」とずっと思っておられたそうです。

入れ歯だった部分をインプラントにしてみて、外して洗う必要がなくなったことと、急に外れることがなくなって、安心して生活出来るようになったそうです。

そして、自分の元々の歯と全く変わらない感覚で、インプラントをしていることを忘れるくらい自然な感じだということに、とても満足していただいています。

気になる腫れや痛みも、ほんの一時的なものだったそうです。

「最初はやはり少し不安だったけれど、インプラント治療をして良かった」とのお言葉をいただきました。

 

北 大阪インプラントセンター スタッフ