シンプルで理にかなった治療

入れ歯やブリッジと比べて、インプラント治療の考え方はとてもシンプルです。

歯が抜けてしまった部分の骨に、チタン製の人工歯根を埋め込み、その上に人工の歯を取り付けるというものです。

昔は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという技術がなかったために、歯が抜けたあとはその両隣の歯を使って義歯を支えるという考え方でしたが、インプラントの場合は、両隣の歯は触らずに、失った1本の部分のみの治療となります。

人工の歯の部分はセラミックで作成しますので、両隣の天然の歯と同じ色で作成できます。

見た目は、セラミックのかぶせ物や、差し歯と同じ感じで、とても美しく仕上がりますので、治療後はインプラントをしているとは全くわかりません。

このように、インプラントはとても自然で、理にかなった治療です。
外科手術が必要になりますが、インプラントを1本埋入するための身体の負担は、健康な歯を1本抜歯するのと同じ程度ですので、怖がらなくても大丈夫ですよ。