お家で出来る歯のセルフケア

虫歯と私有病は、歯垢(プラーク)が原因です。歯垢は、歯の周囲にくっつく白い色のカスで、これは細菌の塊なので、歯みがきで取り除かなくてはなりません。

歯のセルフケアは、まず毎日の歯磨きで歯垢をキレイに取り除きましょう。
歯と歯のすき間などに磨き残しがないか、歯ぐきに赤くはれているところはないか、歯ぐきが出血している箇所はないか、毎回の歯みがき後にチェックしましょう。

一番奥の歯は、歯ブラシが届きにくいため、歯垢が残りやすい箇所です。
また、歯と歯の間や、歯と歯ぐきの境目もしっかりチェックしましょう。

歯みがきの時に歯ぐきから出血したときは、その部分が炎症を起こしています。
歯科衛生士さんに歯ぐきのチェックをしてもらい、歯みがき指導を受けると良いですよ。

このように、歯みがきはとても大切ですので、お子さんに対しては、歯みがきを嫌がらないような工夫が必要ですね。
子供時代に歯みがきがきらいだった方は、大人になってもやはり歯みがきがきらいで面倒だと感じるのではないでしょうか。

歯の健康のためには、時間を決めての規則正しい食事が大切です。栄養のバランスにも気をつけましょう。

また、たばこは、歯周病の発症・進行を早めると言われています。
歯の健康のためには、禁煙するか、または本数を減らしましょう。

  • 投稿日時:2012年05月18日
  • 記事分類:歯科