段々知られてきて嬉しい限りです

最近では、インプラント治療という言葉をご存じの方が増えてきて、嬉しい限りです。

インプラントとは、失った歯の代わりに人工歯根を埋め込む治療のことで、見た目がきれいで良く噛めます。そのため、ブリッジや入れ歯(部分入れ歯)ではなく、インプラント治療を選ばれる方も徐々に増えてきました。

保険がきかないために、治療費が高くなるのが欠点ですが、まるで自分の歯を取り戻したように、色も形もそのままで、自然な感覚ですので、第二の永久歯とも呼ばれています。

永久歯は虫歯や歯周病で痛めてしまうと、取り返しのつかないことになります。
もし抜歯することになったら、もう新しい歯は生えてきません。
昔はそのような場合、ブリッジにすることが多かったのですが、ブリッジは両隣の健康な歯を削らねばならず、そのために健康な歯に負担をかけ、その歯が痛んでしまえば、更に抜かなければならなくなるという、悪循環の元になります。

最近ではどこの歯科医院でも、治療についてじっくりご説明し、必ず患者さんの同意のもとに治療を開始するという、インフォームドコンセントを重視しています。
患者さんにきちんとした説明もせずに、いきなり健康な歯を削るようなことはありませんので、ご安心くださいね。

インプラントは本当に優れた治療方法なのですが、患者さんお一人おひとりの顎の骨や歯ぐきの状態によっては、すぐにインプラント手術が出来ない場合があります。

また持病のある方も、インプラント治療が危険な場合がありますので、カウンセリングの段階で、必ず担当の歯科医師にお申し出ください。

歯の治療によって、みなさんの生活がより良いものになりますようにと、北大阪インプラントセンターでは常にスタッフ全員で取り組んでおります。