長持ちさせるためには

今日は、インプラントを長持ちさせるためにはどうすれば良いのかを書いてみたいと思います。

インプラント治療後、長持ちさせるためには、日頃のケアをきちんとする事が重要です。

つまり、毎日の歯みがきをしっかりやるということですね。

歯と歯ぐきの健康のためには、毎日の歯みがきを正しいブラッシング方法ですることが、とても重要で、これはインプラントにも当てはまります。

というのは、インプラント自体は人工の歯なので虫歯にならないのですが、その後のケア次第では、歯周病になってしまう恐れがあるのです。

特にインプラントには神経がないために、感染が起こっていたとしても気づきにくく、かなり悪くなって初めて自覚症状が出て気づくことになります。

このように、ご自身ではなかなか感染に気付けませんので、毎日の歯みがき等のケアに加えて、必ず歯科医院での定期健診を受けるようにしてください。

ご自身では特に異常がないと思っておられても、歯ぐきの炎症や虫歯が見つかることもあります。

北大阪インプラントセンターでは、治療後の保証を受けるためにも、必ず定期健診を受けることをお勧めしています。

定期健診では、インプラントの状態をみたり、歯科衛生士による歯のクリーニングを受けていただいたりと、専門的なケアを行います。

このようなケアの積み重ねが、結果としてインプラントを長くもたせ、歯を守ることにつながります。

歯のクリーニングはとても気持ちがいいので、どうぞお気軽にお申込み下さいね。