総入れ歯の噛む力

全ての歯を失った場合は、保険治療では総入れ歯になります。

総入れ歯は取り外し式で、土台に上下14本の人工歯をセットしたものです。

これを歯ぐきや粘膜に密着させて安定させますが、歯ぐきで支えるために、噛む力が出ません。

天然の歯と比べると、総入れ歯では2割程度しか噛む力が出ないといわれています。

歯が抜けてしまうと、どうしても顎の骨が痩せてきますので、総入れ歯が合わなくなってきます。

一般的には3~5年程度で、総入れ歯を作り変えなければなりません。

床の部分はある程度は歯ぐきの形に合わせて作るのですが、ぴったりに作るのは難しく、不安定な状態で食事をしている方が多いです。

入れ歯安定剤も新しいものが開発されていますが、食後取り外して洗う必要があったり、食事中にものが挟まって痛みが出る場合もあります。

また、喋りにくくなる、発音しにくくなるといったことも、よく耳にします。

このように様々な問題が起こるため、インプラント治療を決意される方もおられます。

インプラントの本数が増えると、費用もかさみますので、まずは天然の歯を大切にしてください。

1本でも多く長持ちさせるように、毎日の歯みがき等のケアと、歯科医院での定期健診を欠かさずに受けるようにしてくださいね。