安全な治療のためにCT撮影を行います

今日はCTのことを書いてみたいと思います。

北大阪インプラントセンターでは、治療計画書を作成するために、必ず患者さんのCT撮影を行います。

インプラント体を骨に埋め込むためには、このCT撮影が欠かせないのです。

顎の骨の密度と厚みは十分か、骨の形はどうなっているか等を、CTで撮影した映像を専用のソフトウェアに読み込ませて、コンピューターで三次元シュミレーションを行い、分析していきます。

そしてインプラントを埋入する位置、インプラントの長さ、種類等が決定されます。

患者さんはお一人おひとり歯の状態や骨の状態が違いますので、CT撮影は必ず行い、あらゆる角度からCTの結果を分析いたしますので、ご安心ください。

ドクター全員による症例の会議のときにも、CTの撮影結果を見ながら話し合います。

治療計画を立てる段階で、検査と話し合いがしっかり行われることにより、インプラント治療の安全性はかなり高まります。

最新型の歯科用CTは、一般の医療用CTと比べてX線の量が少なく、患者さんに安全に検査を受けていただくことができます。

このように、当センターでは万全の態勢でインプラント治療に臨んでおります。

ご心配な点がありましたら、いつでも無料相談ダイヤルにお電話ください。

安心して治療を受けていただけるように、専任のカウンセラーがお一人おひとりの疑問を解消いたします。