調布の歯の健康「8020」表彰式

80歳になった時に20本以上の歯が残っていることを目標に、デンタルケアを行っている活動を、8020運動といいます。

8020運動は全国の歯科医師会や自治体等で活発に行われていますが、今日は調布市での8020活動のニュースです。

2012年6月2日に行われる「第40回 調布市環境フェア」で、80歳で20本以上の歯が残っている市民が表彰されるそうです。

いつまでも元気でいるためには、歯の健康がとても大切です。

ものが思うように噛めなくなると、胃腸等の消化器官に負担がかかりますし、軟らかい食べ物ばかりだと、歯周炎になりやすい等、たくさんの理由があります。

調布市民で80歳で20本以上の歯を持っている方は48人おられるそうです。

8020運動をすすめている8020推進財団によると、80歳の平均歯数は約10本で、20本以上の歯をもつ方の割合は21.1パーセントとのことですから、この48人の方々はとても立派ですね。

今年の8020では、この48人の方の他、3~4歳で虫歯のないお子さんとその家族の方も表彰されるそうです。

これは「すこやか家族表彰」といい、4組の家族が表彰されるのですって。

これをきっかけに、多くの方々が歯の健康について真剣に考え、実践して頂けるようにと願います。

  • 投稿日時:2012年05月20日
  • 記事分類:歯科