喫煙との関係

インプラント治療のためには、出来るだけ喫煙をやめていただくことが望ましいです。

ヘビースモーカーの方の場合、インプラント体が骨と結合しにくいという臨床結果が出ています。

どうして喫煙がインプラントに良くないかといいますと、喫煙することによって体内に取り込まれたニコチンが血管を収縮させたり、血流を阻害するような働きをしたり、白血球の機能障害を起こすと言われています。

これらのことが合わさってインプラント体と骨との結合がしにくくなり、手術の際の傷の治りも遅くなります。

インプラントが骨と結合しなければ、ぐらぐらした義歯になってしまいます。

これはインプラントの失敗を意味していますので、普段喫煙される方も、インプラント手術前と手術後の一ヶ月間は禁煙するようにお願いしています。

喫煙は歯周病にも良くないと言われていますので、健康のためには出来ればインプラント治療の間だけでなく、ずっと禁煙していただくことが望ましいです。