治療でトラブルを起こさないために

テレビ番組で時々歯科関連の話題が取り上げられますが、
中でもNHKのクローズアップ現代「歯科インプラント トラブル急増の理由」
には衝撃を受けました。
歯科医療に携わる者だけでなく、患者さんにとってもショッキングな
内容だったのではないかと思います。

インプラントの手術で神経を傷つけたり、インプラント体が
骨を突き抜けてしまい、痛みや麻痺が残る等のトラブルが急増しており、
技術が不十分な歯科医師による治療や、自由治療なので高い収益を
得られることなどが紹介され、その実態に迫るという内容でした。

インプラント外科手術が必要なため、歯科医師には技術や経験が
求められますし、治療期間も費用もかかります。
北大阪インプラントセンターでの安全のための取り組みとしては、
まず、しっかりと手術前の検査を行い、危険がないと考えられる場合のみ
手術を行い、無理な手術は絶対に行わないということです。

インプラントをするには骨量が足りない患者さんの場合には、
骨を作る治療についてもしっかりとご説明し、
納得していただいてから治療に入ります。
治療期間は余分にかかりますが、インプラント治療の
成功のためには絶対に必要なことです。

この説明と同意をインフォームドコンセントと言いますが、
この患者さんに対する治療説明の段階も大変重要だと考えています。

北大阪インプラントセンターには無料の電話相談窓口があり、
専任のカウンセラーが電話でのご相談におこたえしています。
インプラント治療に関して不安やお悩みがおありのかたは
どうぞお気軽にお電話下さい。