CTは絶対に必要です

北大阪インプラントセンターでは、インプラント治療の前に必ずCT撮影を行います。

虫歯治療等のときに使うパノラマ撮影では、正面から見た方向でしか骨の状態を見ることが出来ませんが、CT撮影を行うことによって3Dソフトを使用して3方向から立体的に骨の状態を見ることが出来ます。
立体的に骨の状態を見ることによって、より正確な治療計画が立てられますので、安全な治療に繋がります。

CT撮影をしたときの利点を以下にまとめてみます。

1.骨密度がわかる

2.神経が走っている位置がわかる

3.骨の角度や面積などが細かくわかる

4.インプラントの長さをどうするか、どのような角度で埋入するか、綿密なシュミレーションができる

このようにCT撮影をすると、データをもとにインプラントの正確な埋入位置を決めることが可能になります。

CTのデータがなく、パノラマ撮影の画像だけですと、歯科医師の経験と勘で手術を行うことになりますので、危険だということがおわかりになると思います。

そのため、インプラント治療においてはCT撮影が欠かせないものとなっております。