抜歯後の治療について考えましょう

むし歯がひどくなって抜歯しなければいけなかったり、歯周病で歯がグラグラして抜けてしまったりしたときには、すぐに歯科医院に行って治療を受けることが大切です。

そのまま治療せずに放置してしまうと、いざ治療しようという時に思いもかけない問題が起こり、治療が大がかりになってしまうからです。その結果、治療期間は長くなり、費用も多くかかってしまうことになります。

抜けた部分を治療しないと顎の骨が減ってしまう


歯が抜けると、その部分の骨に噛む力が加わらなくなります。そのためあごの骨は徐々に吸収して減っていってしまいます。また、入れ歯の場合も歯ぐきで噛む力を支えるため、あごの骨は減っていきます。

あごの骨に歯根が埋まっていて、噛む力がしっかりと骨に伝わるということがいかに大切か、おわかりいただけたでしょうか。

歯が抜けたスペースに隣の歯が移動してくる

歯が抜けると、1本分のスペースが空いてしまいます。歯は隣同志がぴったり並ぶことでしっかりと支え合っていますので、1本分の隙間が出来るとその部分を目指して隣の歯が倒れこんできます。

倒れてきた歯が斜めになってしまうと、いざ抜けた部分に義歯を入れようとしたときに、まず倒れている歯を起こさなくてはなりません。その場合は歯列矯正を行う必要があり、歯に矯正器具をつけなければなりませんし、自費治療のため費用が多くかかり治療期間も長くなります。矯正治療が終わってからやっと義歯を入れる治療に入りますので、お金も時間もかなり余分にかかってしまいます。

奥歯の場合は咬み合う相手の歯が伸びてくる


下の歯を失った場合は咬み合う相手の上の歯が、そして上の歯を失った場合は下の歯がそれぞれ空いたスペースを目指して伸びてきます。この場合も、いざ治療しようとなった時に、歯を削って短くする治療をしなければならなくなり、治療費と治療期間が余分にかかります。

このように、歯が抜けた時に放っておくのはとても危険。すぐに歯科医院に相談しましょう。歯が抜けた場合の治療方法は、入れ歯、ブリッジ、インプラントの3種類になります。
それぞれの治療法にメリットとデメリットがありますので、歯科医師と十分に話し合って選択しましょう。