インプラントは良く噛めて食事もおいしい



インプラントの歯で噛めるようになることの幸せ


インプラントはブリッジや入れ歯と比べてしっかり力を入れて噛むことが出来ます。歯は本来、歯根と呼ばれる歯の根で噛む時の力を支えます。インプラントの場合は人工歯根をあごの骨に埋め込んでいますので、天然の歯と同じように噛む力がしっかりと骨に伝わります。

一方、ブリッジや入れ歯は構造上、義歯の部分の歯根がないために力をしっかりと支えることが出来ません。ブリッジも入れ歯も、両隣の歯で固定されており、垂直的な力は歯ぐきが支えることになります。そのため、歯根に支えられているインプラントに比べるとどうしても強い力で支えることが出来ません。

インプラントは隣の歯を痛めることがないという大きな特徴がありますが、もう一つの特徴は「良く噛める」ということです。セラミックを被せれば、見た目は天然の歯と変わりません。異物感もありませんし、インプラント治療後しばらくすると、患者さんご本人にもどの歯がインプラントなのか、見ただけではわからない位になります。

失った歯がまだ健康だった頃は、全く違和感なく何でも噛めていたと思います。インプラント治療後はそれと同じ感覚になります。歯のことで不自由しておられた患者さんは、殆どの方がインプラントで噛めることの喜びをお話してくださいます。

インプラント治療後、若くなったと言われてニンマリ


インプラント治療が終わってよく噛めるようになると、ご家族や友人の方から「見た目が若くなったね」と言われることが多いというお話を、患者さんからよくおききします。
その理由を考えてみました。

まず、今まで歯がなかったために頬や鼻の下等が萎んだように見えていたが、歯が入ったことで内部から押されて、ふくらみが戻ったということです。

次に、しっかり噛むことによって頬の筋肉が使われ始め、フェイスラインが引き締まったと考えられます。

最後は何といっても歯が入ったことで性格が明るく積極的になられた結果ではないかと思います。今までは外食や旅行を控えていた方が、家族や友人の方と楽しく外食や旅行を楽しめるようになったために、以前と比べて表情が生き生きとして健康的に見え、「見た目が若くなった」という感想につながったのではないでしょうか。

インプラント治療をされた患者さんたちは、多かれ少なかれこういった体験をされていると思います。男性も女性も、若くなったといわれて気を悪くする方はおられないのではないでしょうか。むしろ最高に嬉しい褒め言葉ですよね。食事や旅行やスポーツ等、これからの生活を精一杯エンジョイしていただきたいです。