入れ歯、差し歯との違い

 虫歯が酷くなったり、事故などで歯が折れたりした場合、歯を抜くことになれば、そのあとをどうするかということを考えなければなりません。
 歯というのはお互いに支えあっているとも言えるため、抜いたままの状態にしておくと、支えを失った周囲の歯が、抜けた部分に近づくような形になってしまい、全体の歯並びバランスがおかしくなってしまうことになってしまうのです。

 といっても、インプラントがいいのか、入れ歯がいいのか、差し歯がいいのか・・・なーんて、なかなか判断しづらいですよね。一応それぞれのメリット、デメリットなどを私が調べた範囲でご紹介しておきたいと思います。

 まず入れ歯ですが、これは他に比べると単純な方法なので治療が早めにできるということと、基本的に保険診療が可能なので費用が安いということがメリットと言えます。歯がない状態では咀嚼にも影響がでますので、早く歯が復活するというのは健康上もメリットがあります。

 差し歯も比較的早いですが、自分の歯根が残っていないと、土台がないので治療ができないということになります。治療を怠って虫歯が進行しすぎてしまった場合、抜歯ということになると差し歯を使った治療はできないということになります。

 インプラントは時間もかかり、費用も基本的に自由診療での全額自己負担なので高額になってしまいます。さらに手術となるので、人によって受けられない人もいます。しかし、治療が終わってしまえば、まるで自分の歯が生え変わったかのような自然な噛みごたえなどがあり、入れ歯などにある違和感はほとんど感じないというのが最大のメリットと言えるでしょう。

歯に関するお悩みは、北大阪インプラントセンター北大阪インプラントセンターにご相談ください。専任のカウンセラーが、あなたのお悩みや疑問に丁寧にお答えします。