インプラントってなに?どんな治療?

歯医者さんにインプラントをすすめられているけれど、インプラントについて良くわからない。そんな方が大勢おられると思います。

インプラントはチタンで出来ており、サイズは直径4ミリ、長さは1センチ程です。手足を骨折した際に身体に入れるプレートやボルトは、殆どがチタン製です。というのは、チタンはアレルギーを起こしにくく、骨とがっちりくっつきやすいという特性があるからです。身体の中にチタンを入れるというのは、インプラントに限ったことではなく、一般的な治療法なのです。

チタンが骨にがっちり結合することを1952年に世界で最初に発見したのが、スウェーデン、イエテボリ大学のブローネマルク教授です。ブローネマルク教授はインプラントの素材や形、人体における反応などに関する実験を重ね、世界に先駆けて1965年に初めてチタン製インプラントを臨床に取り入れました。

このように、インプラントは40年以上の歴史があり、欧米先進国で50~60万人で実証されてきている信頼の歯科治療といえます。そして、日本でのインプラントの成功率は、平均して97%程度といわれています。顎の骨が比較的軟らかく、骨がやせやすい上顎へのインプラントで96.2%、下顎では98.3%の成功率となっています。この成功率は極めて高い数字です、それだけインプラント治療が確立された、完成度の高い治療ということですので、まずはご安心ください。

歯を失う原因はなんでしょう?



現在、日本人が歯を失う原因の一番多いものが歯周病といわれており、平均年齢が伸びると共に深刻な問題となっています。人間にとって食べることは、身体と精神の健康の源です。

高齢になって歯がグラグラになったり、多くの歯を失ったりすると、とたんに噛めなくなってしまいます。いくつになっても健康な歯でしっかり噛めるように、歯の治療も最適なものを選ぶ必要があります。

歯を失う3つの原因

良くある原因は、次の3つです。

1.むし歯、歯周病等の病気によって歯が失われる場合
2.事故によって歯が失われる場合
3.生まれつき歯の本数が足りない場合

歯の定期検診に行く人が増えたことにより、むし歯は減る傾向にあります。しかし歯周病は完治が難しく、人が生きている限り永久に取り組んでいかなければならない問題です。
そして近年、3番の永久歯の先天性欠損が増えてきているのですが、これといった原因がわからず気になるところです。

歯の抜けた部分を治療せずに放っておくとこんなことに!

歯を失ったときに、どのような治療をするか?ここで、誰もが悩むと思います。
治療をしないで放っておくと更に様々な悩みが出てきます。

1.歯を失った部分の骨がやせる
2.残っている歯の位置がずれる
3.咬み合わせが悪くなる
4.発音がうまく出来なくなる
5.顔の輪郭が変わる

これらはどれか1つだけが起こるのではなく、全てが深刻な問題として患者さんの身に降りかかってきます。数か月単位では気付かなくても、数年経つと明らかに変わってきているのに気づくと思います。

これらのことから、人との食事や会話がおっくうになり、自分に自信がもてなくなってきて、人生を楽しめなくなってくる方もおられます。やはり治療は早めに行うことが大切だと思います。

歯が抜けたときの治療法について

歯が抜けたときの治療は、従来ではブリッジ、入れ歯という2つの選択肢しかありませんでした。しかし現在ではインプラントという最新治療を受ける方が増えてきています。

治療法にはそれぞれメリットとデメリットが存在しており、それらを総合的に考えたうえで実際に治療をどうするかを決める必要があります。
当院ではこれら3つの治療法のメリットとデメリットを比較できるようにウェブサイトで詳しくご説明しておりますのでどうぞご覧下さい。

ブリッジとインプラントの比較

入れ歯とインプラントとの比較


当サイトでは大阪でインプラント治療をお考えの方に様々な最新情報を掲載いたします。歯の健康に関する話題も掲載いたしますので、ぜひご覧ください。