脳の健康のために、よく噛んで食べましょう

 入れ歯やブリッジに代わる歯科治療として、最近ではよくインプラントが話題にのぼります。インプラントとは、チタン製の人工歯根を顎骨の中に埋込して、その上に人工の歯を作るという治療方法です。インプラントは直接骨に埋め込まれることによって、顎の骨が痩せることがなく、両隣の健康な歯を痛めることがありません。しっかりと骨に固定されますので、堅いものも噛めて、まるで天然の歯のように快適です。このようにメリットの大きいインプラントですので、歯でお困りに方は、一度専門医にご相談ください。

 さて、物を良く噛むことによって、脳の働きが活発になるといわれています。また、良く噛むことは、消化促進や肥満予防にもつながるそうですね。味や香りなどの五感への刺激に加えて、噛むという動作で脳に刺激を与えられるからだそうです。

 小野塚實・神奈川歯科大教授は、これまでに65歳以上の高齢者1000人以上を対象に、かむことと記憶の関係について調べて来られました。高齢者に64枚一組の写真を覚えてもらって、数枚を差し替えたもう一組の写真を見て「同じものを見たかどうか」を答えてもらうテストをしたところ、約2割の人はガムを2分間噛んだ後に記憶してもらったときのほうが、噛まずに記憶したときより正答率が15%以上アップしたとのことです。15%アップということは、はっきりとした効果があったと言ってもいいと思います。

 脳からあごを動かす筋肉に信号を伝える神経を、「三叉(さんさ)神経」といいます。三叉(さんさ)神経は、歯ごたえなど歯や口の粘膜の感覚を脳に伝えるルートでもあります。更に、三叉神経は、覚醒(頭がさえた状態)をコントロールする「脳幹」と呼ばれる部分につながっているため、何かを噛むことによって脳幹に刺激が伝わると、脳の覚醒につながるのだそうです。

「よくかむこと」の目安として、厚生労働省などは「一口30回」を例に挙げています。数えるのが面倒臭い方は、卓上カレンダーの日付を目で追っていくといいですよ。また、食物繊維を多く含む食品を食べるときは、意識しなくても30回程度噛んでいるそうです。噛むことで刺激が脳に伝わると、認知症予防にも繋がるかもしれませんね。

北大阪インプラントセンターでは、インプラントの無料初診カウンセリングを行っています。専門医があなたの治療方法、治療期間、治療費等のご質問にお答えします。

  • 投稿日時:2010年10月26日
  • 記事分類:歯科

歯周病



 近年、歯の予防という考え方が周知されてきましたが、虫歯の治療のときにしか歯科医院に行かないという方も多くおられると思います。特に今は不況で収入が減っている人も多いので、ちょっとした虫歯ぐらいなら放ったらかしにしてしまい、虫歯でも歯医者さんに行かないという方もおられます。

 でも、歯が痛くなくても、できれば一年に一度は歯科に行って健診を受けることをお勧めいたします。というのも、虫歯だけでなく歯周病もとても怖い病気だからです。

 歯周病と聞くと、テレビのコマーシャルなんかでも取り上げられているので、なんとなくイメージはつかんでいる方が多いと思います。歯周病の初期症状は歯周炎と呼ばれ、歯ぐきが炎症を起こして赤くなったり出血があったりします。そのまま放っておくと歯がぐらぐらしだして、やがて重度の歯周病になり、歯が根元から抜けてしまいます。
 歯が抜けるって、なんとなく老人のイメージがありますが、実際には歯周病患者は若年層にも広がってきています。実際に30代で歯周病と診断されて数年後に歯を失ってしまう方もおられます。

 歯周病の原因は歯周病菌という細菌なので、口腔内をきれいにしておくことが予防につながります。
歯周病予防の歯磨き粉を利用するなど、ご自身である程度の自己防衛をすることも必要です。1年に1~2回は歯の健康診断を受けるようにすると歯ぐきの炎症や歯周ポケットについても調べられますので、安心できるのではないでしょうか。